日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

保護関係を再同期する

寄稿者 netapp-lenida netapp-aherbin netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

災害発生後に元のソースボリュームを再び使用できるようになったら、デスティネーションボリュームからデータを再同期し、保護関係を再確立できます。

この手順は非同期関係にある元のソースボリュームのデータを置き換えるため、元のソースボリュームからデータの提供を再開して元の保護関係を再開できます。

手順
  1. [ * 保護 ] 、 [ 関係 ] の順にクリックし、再同期する切断された関係をクリックします。

  2. をクリックします Alt = メニューオプション 次に、 * Resync * を選択します。

  3. 「 * Relationships 」で、再同期の進捗状況を監視します。再同期が完了すると、状態が「 Mirrored 」に変わります。