日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

保護関係の逆再同期

寄稿者 netapp-rlithman このページの PDF をダウンロード

System Manager 9.8 以降では、逆再同期操作を実行して、既存の保護関係を削除し、ソースボリュームとデスティネーションボリュームの機能を切り替えることができます。次に、デスティネーションボリュームでデータを提供しながら、ソースを修理または交換し、ソースを更新して、システムの元の構成を再確立します。

逆再同期処理を実行すると、共通の Snapshot コピーのデータよりも新しいソースボリューム上のデータはすべて削除されます。

手順
  1. 適切な保護関係を選択します。 * Protection > Relationships * をクリックします。

  2. をクリックします Kabob アイコン をクリックし、 * 逆再同期 * をクリックします。

  3. 「 * Relationships * 」で、関係の「 * Transfer Status * 」を表示して、逆再同期の進捗を監視します。