日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror デスティネーションからのデータの提供

寄稿者 netapp-aherbin netapp-lenida netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

ソースが使用できなくなったときにミラーデスティネーションからデータを提供するには、デスティネーションへのスケジュールされた転送を停止してから、 SnapMirror 関係を解除してデスティネーションを書き込み可能にします。

Alt = タスクが宛先からデータを提供するためのワークフロー図

手順
  1. 保護関係を選択します。 * Protection > Relationships * をクリックし、目的のボリューム名をクリックします。

  2. をクリックします Alt = その他のオプション

  3. スケジュールされた転送を停止するには、 * Pause * をクリックします。

  4. 宛先を書き込み可能にします。 * Break * をクリックします。

  5. メインの * 関係 * ページに移動して、関係の状態が「切断」と表示されていることを確認します。

無効にしたソースボリュームが再び使用可能になったら、関係を再同期して、現在のデータを元のソースボリュームにコピーする必要があります。元のソースボリュームのデータは、このプロセスで置き換えられます。