日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup を使用して大規模ファイルシステム用の NAS ストレージをプロビジョニング

寄稿者 netapp-lenida このページの PDF をダウンロード

FlexGroup ボリュームは拡張性に優れた NAS コンテナで、ハイパフォーマンスと自動負荷分散を実現します。FlexGroup ボリュームは、管理オーバーヘッドを増やすことなく、 FlexVol のボリューム制限を大幅に超えている大容量(ペタバイト単位)を提供します。

System Manager 9.9..1 以降では、最大 8 本のファンアウト脚で、 2 つ以上の FlexGroup の SnapMirror ファンアウト関係がサポートされます。System Manager では、 SnapMirror カスケード FlexGroup ボリューム関係はサポートされません。

ONTAP は、 FlexGroup ボリュームの作成に必要なローカル階層を自動的に選択します。

注記 ONTAP 9.8 以降では、ストレージをプロビジョニングすると QoS がデフォルトで有効になります。QoS を無効にするか、プロビジョニングプロセス中またはあとからカスタムの QoS ポリシーを選択できます。
手順
  1. [ ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックします。

  2. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

  3. [ * その他のオプション * ] をクリックし、 [ * ボリュームデータをクラスタに分散する * ] を選択します。

    1. ONTAP 9.8 以降を実行していて、 QoS を無効にする場合やカスタムの QoS ポリシーを選択する場合は、「その他のオプション」をクリックし、「 * ストレージおよび最適化 * 」で「 * パフォーマンスサービスレベル * 」を選択します。