日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自己暗号化ドライブを使用して格納データを暗号化

寄稿者 netapp-aherbin netapp-thomi netapp-gregb このページの PDF をダウンロード

ディスク暗号化を使用して、基盤となるデバイスの転用、返却、置き忘れ、盗難に際してローカル階層のすべてのデータが読み取られることがないようにします。ディスク暗号化には、特別な自己暗号化 HDD または SSD が必要です。

ディスク暗号化にはキー管理ツールが必要です。オンボードキーマネージャは、 ONTAP System Manager を使用して設定できます。外部キー管理ツールも使用できますが、最初に ONTAP CLI を使用して設定する必要があります。

ONTAP で自己暗号化ディスクが検出された場合は、ローカル階層の作成時にオンボードキーマネージャを設定するよう求めるプロンプトが表示されます。

手順
  1. [Encryption]( 暗号化 ) で、をクリックします 歯車アイコン オンボードキーマネージャを設定します。

  2. ディスクのキー変更が必要であることを示すメッセージが表示されたら、をクリックします メニューアイコンをクリックし、 * Rekey Disks * をクリックします。