日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AFF システムで、ボリュームレベルの自動バックグラウンド重複排除を管理します

寄稿者

ONTAP 9.3 以降では ' 事前定義された auto AFF ポリシーを使用して ' ボリューム・レベルのバックグラウンド重複排除を自動的に実行するように管理できますスケジュールを手動で設定する必要はありません。auto ポリシーは ' バックグラウンドで継続的な重複排除を実行します

auto ポリシーは ' 新規に作成されたすべてのボリュームと ' バックグラウンド重複排除用に手動で構成されていないアップグレードされたすべてのボリュームに対して設定されますこの機能を無効にするには、ポリシーを「 default 」または他の任意のポリシーに変更します。

ボリュームが AFF 以外のシステムから AFF システムに移動すると、デフォルトで「 auto 」ポリシーがデスティネーションノードで有効になります。ボリュームが AFF ノードから AFF 以外のノードに移動すると ' デフォルトで ' デスティネーション・ノード上の auto ポリシーが inline-only ポリシーに置き換えられます

AFF では 'auto' ポリシーが設定されているすべてのボリュームが監視され ' 削減量が少ないボリュームや頻繁に上書きされるボリュームの優先度が下げられます優先度が下がったボリュームは、自動バックグラウンド重複排除の対象ではなくなります。優先度が下がったボリュームの変更ロギングは無効になり、ボリューム上のメタデータは切り捨てられます。

ユーザは、 advanced 権限レベルの volume efficiency promote コマンドを使用すると、優先度が下がったボリュームを昇格させて、自動バックグラウンド重複排除に再び参加させることができます。