日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

チェックポイントを使用して効率化処理を再開してください

寄稿者

チェックポイントは、効率化処理の実行プロセスを記録するために内部的に使用されます。何らかの理由(システムの停止、システムの中断、リブート、前回の効率化処理の失敗や停止など)で効率化処理が停止した場合にチェックポイントデータが存在すると、最新のチェックポイントファイルから効率化処理を再開できます。

チェックポイントが作成されます。

  • 処理の各段階またはサブ段階

  • を実行すると 'is stop コマンドが実行されます

  • 有効期間が終了したとき