日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexClone ファイルの削除を設定するためのコマンド

寄稿者

クライアントが NetApp Manageability SDK を使用せずに FlexClone ファイルを削除する場合は、「 volume file clone deletion コマンド」を使用すると、 FlexVol ボリュームから FlexClone ファイルを迅速に削除できます。高速削除では、 FlexClone ファイルの拡張子と最小サイズが使用されます。

volume file clone deletion コマンドでは、ボリューム内の FlexClone ファイルについて、サポートされる拡張子のリストと最小サイズの要件を指定できます。高速削除方式は、要件を満たす FlexClone ファイルに対してのみ使用され、要件を満たさない FlexClone ファイルに対しては、より低速な削除方式が使用されます。

クライアントが NetApp Manageability SDK を使用してボリュームから FlexClone ファイルおよび FlexClone LUN を削除する場合は、常に高速削除方式が使用されるため、拡張子とサイズの要件は適用されません。

目的 使用するコマンド

ボリュームでサポートされる拡張子のリストに拡張子を追加します

volume file clone deletion add-extension

高速削除方式でボリュームから削除する FlexClone ファイルの最小サイズを変更します

volume file clone deletion modify :ボリューム・ファイル・クローンの削除は変更され

ボリュームでサポートされる拡張子のリストから拡張子を削除します

volume file clone deletion remove-extension

クライアントが高速削除方式でボリュームから削除可能な、サポートされる拡張子のリストと FlexClone ファイルの最小サイズを表示します

volume file clone deletion show

これらのコマンドの詳細については、該当するマニュアルページを参照してください。