日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータルールとクォータポリシーを管理するためのコマンドです

寄稿者

volume quota policy rule コマンドを使用して ' クォータ・ルールを構成できますまた 'volume quota policy' コマンドといくつかの vserver コマンドを使用して ' クォータ・ポリシーを構成できます

注記

次のコマンドは、 FlexVol ボリュームに対してのみ実行できます。

クォータルールを管理するためのコマンド

状況 使用するコマンド

新しいクォータルールを作成します

volume quota policy rule create

既存のクォータルールを削除します

volume quota policy rule delete

既存のクォータルールを変更します

volume quota policy rule modify

設定されているクォータルールに関する情報を表示します

volume quota policy rule show

クォータポリシーを管理するためのコマンド

状況 使用するコマンド

クォータポリシーとそのクォータポリシーに含まれるクォータルールを複製します

ボリューム・クォータ・ポリシー・コピー

新しい空のクォータポリシーを作成します

volume quota policy create を指定します

Storage Virtual Machine ( SVM )に現在割り当てられていない既存のクォータポリシーを削除する

volume quota policy delete

クォータポリシーの名前を変更します

'volume quota policy rename (ボリュームクォータポリシーの名前変更

クォータポリシーに関する情報を表示します

volume quota policy show

クォータポリシーを SVM に割り当てます

「 vserver modify 」

SVM に割り当てられているクォータポリシーの名前を表示します

「 vserver show 」

詳細については、各コマンドのマニュアルページを参照してください。