日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーを自動的に削除する

寄稿者

Snapshot コピーと FlexClone LUN の自動削除ポリシーを定義して有効にすることができます。Snapshot コピーと FlexClone LUN の自動削除はスペース使用の管理に役立ちます。

読み書き可能なボリュームの Snapshot コピーと読み書き可能な親ボリュームの FlexClone LUN について、自動的に削除されるように設定できます。SnapMirror デスティネーションボリュームなど、読み取り専用ボリュームからの Snapshot コピーの自動削除は設定できません。

ステップ
  1. volume snapshot autodelete modify コマンドを使用して、 Snapshot コピーの自動削除ポリシーを定義して有効にします。

    このコマンドで使用できるパラメータについては 'volume snapshot autodelete modify マニュアル・ページを参照してくださいこのコマンドを使用すると ' ニーズに合ったポリシーを定義できます

    次に、 Storage Virtual Machine ( SVM ) vs0.example.com に属するボリューム vol3 に対して、 Snapshot コピーの自動削除を有効にするコマンドを示します。このコマンドでは、 trigger を「 snap_reserve 」に設定しています。

    cluster1::> volume snapshot autodelete modify -vserver vs0.example.com
    -volume vol3 -enabled true -trigger snap_reserve

    次に、 Storage Virtual Machine ( SVM ) vs0.example.com に属するボリューム vol3 に対して、 Snapshot コピーと対象としてマークされた FlexClone LUN の自動削除を有効にするコマンドを示します。

    cluster1::> volume snapshot autodelete modify -vserver vs0.example.com
    -volume vol3 -enabled true -trigger volume -commitment try -delete-order
    oldest_first -destroy-list lun_clone,file_clone
    注記

    アグリゲートレベルの Snapshot コピーの機能は、ボリュームレベルの Snapshot コピーとは異なり、また、 ONTAP によって自動的に管理されます。アグリゲート Snapshot コピーを削除するオプションは常に有効になっており、スペース使用の管理に役立ちます。

    trigger パラメータが「 snap_reserve 」に設定されているアグリゲートの場合、 Snapshot コピーは、リザーブされているスペースがしきい値を超えるまで保持されます。したがって、 trigger パラメータが「 snap _reserve 」に設定されていない場合でも、コマンド内の Snapshot コピーが使用するスペースは、「 0 」と表示されます。これらの Snapshot コピーは自動的に削除されるためです。また、アグリゲートで Snapshot コピーによって使用されるスペースは空きスペースとみなされ、コマンドの使用可能なスペースのパラメータに含まれます。