日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームまたはアグリゲートのスペース使用量を判定します

寄稿者

ある機能を ONTAP で有効にすると、想定以上のスペースが消費されることがあります。ONTAP では、消費されるスペースを、ボリューム、アグリゲート内のボリュームのフットプリント、およびアグリゲートの 3 つの観点から判定できます。

ボリューム、アグリゲート、またはその両方でのスペース消費またはスペース不足により、ボリュームのスペースが不足することがあります。スペース使用量の機能別の内訳をさまざまな観点から確認することで、調整や無効化、またはその他の対処(アグリゲートやボリュームのサイズ拡張など)が必要な機能を判断できます。

スペース使用量は、以下の観点から詳細に確認できます。

  • ボリュームのスペース使用量

    Snapshot コピーによる使用量も含めて、ボリューム内のスペース使用量の詳細を確認できます。

    ボリュームのスペース使用量は 'volume show-space コマンドを使用して確認できます

  • アグリゲート内のボリュームの占有量

    ボリュームのメタデータも含め、包含アグリゲートで各ボリュームが使用しているスペースの量に関する詳細を把握できます。

    アグリゲートを持つボリュームのフットプリントは、 volume show-footprint コマンドで確認できます。

  • アグリゲートのスペース使用量

    アグリゲートに含まれるすべてのボリュームのボリュームフットプリント、アグリゲート Snapshot コピーにリザーブされたスペース、およびその他のアグリゲートメタデータの合計です。

    アグリゲートのスペース使用量は、「 storage aggregate show-space 」コマンドを使用して確認できます。

テープバックアップおよび重複排除などの特定の機能は、ボリュームからとアグリゲートから直接、メタデータ用のスペースを使用します。これらの機能については、ボリュームとボリュームのフットプリントで異なるスペース使用量が表示されます。