日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FAS システムのインラインデータコンパクションを有効にします

寄稿者 netapp-ahibbard

ボリュームまたはアグリゲートレベルで Flash Pool (ハイブリッド)アグリゲートまたは HDD アグリゲートを使用する FAS システムでは、 volume efficiency クラスタシェルコマンドを使用してインラインデータコンパクションを制御できます。FAS システムのデータコンパクションはデフォルトで無効になっています。

アグリゲートレベルでデータコンパクションを有効にすると、アグリゲート内にボリュームスペースギャランティ「 none 」を指定して作成された新しいボリュームでデータコンパクションが有効になります。HDD アグリゲートのボリュームでデータコンパクションを有効にすると、追加の CPU リソースが使用されます。

手順
  1. advanced 権限レベルに切り替えます。 + 「 set -privilege advanced 」

  2. 目的のノードのボリュームおよびアグリゲートのデータコンパクションの状態を確認します。 `volume efficiency show -volume _volume_name _`

  3. ボリュームでデータコンパクションを有効にします。 +`volume efficiency modify -volume_name_-data-締 固め true

    注記

    アグリゲートまたはボリュームのどちらかでデータコンパクションを「 false 」に設定すると、コンパクションは失敗します。コンパクションを有効にしても既存のデータに対しては実行されず、システムへの新規の書き込みに対してのみ実行されます。volume efficiency start コマンドには ' 既存のデータを圧縮する方法に関する詳細情報が含まれています( ONTAP 9.1 以降)[+]"ONTAP 9 のコマンド"

  4. コンパクションの統計情報を表示します。 volume efficiency show -volume _volume_name _