日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム効率化処理の手動による概要を管理します

寄稿者

効率化処理を手動で実行することで、ボリュームに対する効率化処理の実行方法を管理できます。

また、次の条件に基づいて効率化処理の実行方法を制御することもできます。

  • チェックポイントを使用するかどうか

  • 既存のデータに対して効率化処理を実行するか、新しいデータに対してのみ実行するかを指定します

  • 必要に応じて効率化処理を停止します

volume efficiency show コマンドで '-fields オプションの値を [Schedule (スケジュール) ] に指定すると、ボリュームに割り当てられたスケジュールを表示できます。