日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

二次圧縮と適応圧縮を切り替えます

寄稿者

データの読み取り量に応じて、二次圧縮と適応圧縮を切り替えることができます。ランダムリードの量が多く、高いパフォーマンスが要求されるシステムには、適応圧縮が適しています。データがシーケンシャルに書き込まれ、圧縮で多くの量を削減することが要求される場合は、二次圧縮が適しています。

デフォルトの圧縮形式は、使用するアグリゲートとプラットフォームに基づいて選択されます。

手順
  1. ボリュームのデータ圧縮を無効にします。

    'volume efficiency modify' を実行します

    次のコマンドは、ボリューム vol1 のデータ圧縮を無効にします。

    volume efficiency modify -compression false -inline-compression false -volume vol1'

  2. advanced 権限レベルに切り替えます。

    「 advanced 」の権限が必要です

  3. 圧縮データを解凍します。

    「 volume efficiency undo 」と入力します

    次のコマンドは、ボリューム vol1 上の圧縮データを解凍します。

    volume efficiency undo -vserver vs1 -volume vol1 -compression true

    注記

    圧縮データを格納するための十分なスペースがボリュームにあることを確認する必要があります。

  4. 処理のステータスがアイドルであることを確認します。

    volume efficiency show

    次のコマンドは、ボリューム vol1 の効率化処理のステータスを表示します。

    volume efficiency show -vserver vs1 -volume vol1'

  5. データ圧縮を有効にして、圧縮形式を設定します。

    'volume efficiency modify' を実行します

    次のコマンドは、ボリューム vol1 でデータ圧縮を有効にして、圧縮形式を二次圧縮に設定します。

    volume efficiency modify -vserver vs1 -volume vol1 -compression true -compression -type secondary ’

    注記

    この手順では、ボリュームで二次圧縮が有効になるだけで、ボリューム上のデータは圧縮されません。

    • AFF システムで既存のデータを圧縮するには、バックグラウンド圧縮スキャナを実行する必要があります。

    • Flash Pool アグリゲートまたは HDD アグリゲートで既存のデータを圧縮するには、バックグラウンド圧縮を実行する必要があります。

  6. admin 権限レベルに切り替えます。

    「特権管理者」

  7. オプション:インライン圧縮を有効にします。

    'volume efficiency modify' を実行します

    次のコマンドは、ボリューム vol1 のインライン圧縮を有効にします。

    volume efficiency modify -vserver vs1 -volume vol1 -inline-compression true