日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータをアクティブ化する方法の概要

寄稿者

新しいクォータおよびクォータに対する変更は、アクティブ化されるまで有効になりません。クォータのアクティブ化の仕組みを理解しておくと、クォータをより効率的に管理できます。

クォータはボリュームレベルでアクティブ化できます。

quotas ファイルにエラーがあってもクォータのアクティブ化を実行できます。無効なエントリは報告されてスキップされます。quotas ファイルに有効なエントリがある場合は、クォータがアクティブ化されます

クォータは、 _initializing (有効にする)または _resizing _ でアクティブ化されます。クォータをいったん無効にして再度有効にする操作は、再初期化と呼ばれます。

アクティブ化にかかる時間とアクティブ化がクォータ適用に及ぼす影響は、アクティブ化のタイプによって異なります。

  • 初期化プロセスには ' ジョブのクォータと ' ボリュームのファイル・システム全体のクォータ・スキャンという 2 つの部分がありますスキャンは 'quota on ’ジョブが正常に完了した後に開始されますクォータスキャンには時間がかかることがあり、ボリュームに含まれるファイルが多いほど所要時間は長くなります。スキャンが完了するまで、クォータのアクティブ化は完了せず、クォータも適用されません。

  • サイズ変更プロセスでは、「 quota resize 」ジョブだけが実行されます。サイズ変更プロセスにはクォータスキャンが含まれないため、クォータの初期化よりも短い時間で完了します。サイズ変更プロセスではクォータが適用されます。

デフォルトでは 'quota on および quota resize ジョブはバックグラウンドで実行されますこれにより ' ほかのコマンドを同時に使用できます

アクティブ化プロセスのエラーと警告は、イベント管理システムに送信されます。-foreground パラメータを 'volume quota on または volume quota resize コマンドで使用する場合 ' ジョブが完了するまでコマンドは戻りませんこれは ' スクリプトから再初期化を行う場合に便利ですエラーと警告を後で表示するには 'volume quota show コマンドに '-instance パラメータを指定して使用します

クォータのアクティブ化は、停止およびリブート後も維持されます。クォータのアクティブ化プロセスがストレージシステムデータの可用性に影響することはありません。