日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータの適用方法

寄稿者

クォータの適用方法を理解すると、クォータを設定し、想定される制限を設定できます。

クォータが有効な FlexVol ボリュームでファイルの作成またはファイルへのデータの書き込みを試行されると、処理が続行される前にクォータ制限がチェックされます。その処理がディスク制限またはファイル制限を超える場合、その処理は実行されません。

クォータ制限は次の順序でチェックされます。

  1. その qtree のツリークォータ(ファイルの作成または書き込みが qtree0 に対して行われる場合、このチェックは行われません)

  2. ボリューム上のファイルを所有しているユーザのユーザクォータ

  3. ボリューム上のファイルを所有しているグループのグループクォータ

  4. その qtree のファイルを所有しているユーザのユーザクォータ(ファイルの作成または書き込みが qtree0 に対して行われる場合、このチェックは行われません)

  5. その qtree のファイルを所有しているグループのグループクォータ(ファイルの作成または書き込みが qtree0 に対して行われる場合、このチェックは行われません)

最も上限の低いクォータが、最初に超過するクォータとはかぎりません。たとえば、ボリューム vol1 のユーザクォータが 100GB の場合、 また、ボリューム vol1 に含まれる qtree q2 のユーザクォータは 20GB 、そのユーザがすでに 80GB を超えるデータをボリューム vol1 に(ただし qtree q2 以外)書き込んでいる場合、ボリュームの制限を最初に超過する可能性があります。