日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

効率化処理を手動で実行

寄稿者

volume efficiency start コマンドを使用して、ボリュームに対して効率化処理を手動で実行できます。

手動で実行する効率化処理に応じて、重複排除またはデータ圧縮と重複排除の両方をボリュームで有効にしておく必要があります。

重複排除とデータ圧縮が有効になっている場合は、最初にデータ圧縮が実行され、続けて重複排除が実行されます。

重複排除は、実行中にシステムリソースを消費するバックグラウンドプロセスです。ボリューム内のデータの変更頻度が高くない場合は、重複排除の実行頻度を低くすることを推奨します。ストレージシステムで複数の重複排除処理が同時に実行されると、システムリソースの消費量が増加します。

ノードあたり、最大 8 つの重複排除またはデータ圧縮処理を同時に実行できます。これより多くの効率化処理がスケジュール設定されている場合、処理はキューに登録されます。

ステップ
  1. volume efficiency start コマンドを使用して、ボリュームに対して効率化処理を開始します。

次のコマンドを使用すると、重複排除のみ、またはデータ圧縮とそれに続く重複排除をボリューム VolA に対して手動で開始できます。

volume efficiency start -vserver vs1 -volume VolA