日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既存データに対して効率化処理を手動で実行します

寄稿者

重複排除、データ圧縮、データコンパクションを有効にする前に、ボリューム上のデータに効率化処理を手動で実行できます。これらの操作は 'volume efficiency start -scan-old-data コマンドを使用して実行できます

ボリュームで重複排除のみを有効にすると、データに対して重複排除が実行されます。ボリュームで重複排除、データ圧縮、データコンパクションを有効にすると、データ圧縮が先に実行され、そのあとに重複排除とデータコンパクションが実行されます。

既存データにデータ圧縮を実行する場合、デフォルトでは、重複排除によって共有されているデータブロックと Snapshot コピーによってロックされているデータブロックがスキップされます。共有ブロックに対してデータ圧縮を実行することを選択した場合、最適化が無効になり、フィンガープリント情報が取得されて再度共有するために使用されます。既存データを圧縮する際には、データ圧縮のデフォルトの動作を変更できます。

ノードあたり最大 8 つの重複排除、データ圧縮、データコンパクション処理を同時に実行できます。残りの処理はキューに登録されます。

注記

AFF プラットフォームではポストプロセス圧縮が実行されません。この処理がスキップされたことを通知する EMS メッセージが生成されます。

ステップ
  1. volume efficiency start -scan-old-data コマンドを使用して、既存データに対して重複排除、データ圧縮、またはデータコンパクションを手動で実行します。

    次のコマンドは、これらの処理をボリューム VolA の既存データに対して手動で実行します。

    volume efficiency start -vserver vs1 -volume VolA -scan-old-data true [-compression | -dedupe | -compression] true