日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クォータレポートと UNIX クライアントの概要に表示されるスペース使用量の相違

寄稿者

FlexVol または qtree のクォータレポートに表示される使用済みディスクスペースの値が、 UNIX クライアントに表示される同じボリュームまたは qtree の使用済みスペースの値と異なる場合があります。使用量の値が異なる理由は、クォータレポートと UNIX コマンドがそれぞれ異なる方法でボリュームまたは qtree 内のデータブロックを計算するためです。

たとえば、空のデータブロック(データが書き込まれていないブロック)のあるファイルがボリュームに含まれている場合、ボリュームのクォータレポートでは、スペース使用量のレポート作成時に空のデータブロックはカウントされません。ただし ' ボリュームが UNIX クライアント上にマウントされ ' ファイルが ls コマンドの出力として表示される場合 ' 空のデータ・ブロックもスペース使用量に含まれますしたがって 'ls コマンドを使用すると ' クォータ・レポートに表示されるスペース使用量と比較して ' より大きなファイル・サイズが表示されます

同様に、クォータレポートに表示されるスペース使用量の値は、「 d f 」や「 u 」などの UNIX コマンドの実行結果に表示される値と異なる場合があります。