日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

効率化処理のステータスを表示します

寄稿者

ボリュームで重複排除またはデータ圧縮が有効になっているかどうかを確認できます。volume efficiency show コマンドを使用して、ボリュームの効率化処理のステータス、状態、圧縮形式、および進捗状況を表示することもできます。

ステップ
  1. volume efficiency show コマンドを使用して、ボリュームに対する効率化処理のステータスを表示します。

    次のコマンドは、適応圧縮形式が割り当てられたボリューム VolA に対する効率化処理のステータスを表示します。

    volume efficiency show -instance -vserver vs1 -volume VolA

    効率化処理が VolA に対して有効になっており、処理がアイドルの場合、次のシステム出力が表示されます。

    cluster1::> volume efficiency show -vserver vs1 -volume VolA
    
      Vserver Name: vs1
       Volume Name: VolA
       Volume Path: /vol/VolA
             State: Enabled
            Status: Idle
          Progress: Idle for 00:03:20