日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サービスアカウントを追加します

寄稿者 netapp-rlithman netapp-aherbin

必要に応じて、サービスアカウントを追加してバックアップのパフォーマンスを向上させることができます。サービスアカウントは、同時にバックアップを効率的に実行するために使用されます。

手順
  1. 管理者権限を持つアカウントで Microsoft 365 管理ポータルにログインします。

  2. アプリ起動ツールのアイコンをクリックし、 * 管理者 * をクリックします。

  3. 左側の [Users] 、 [Active Users] の順にクリックします。

  4. [ ユーザーの追加 ] をクリックして、新しいアカウントを作成します。

  5. 以下の手順に従ってフォームに入力します。

    • * パスワードを作成する * を使用します。

    • [ このユーザーが最初にサインインするときにパスワードを変更する * ] オプションの選択を解除します。

    • ロール * カスタマイズされた管理者 * を選択します。

    • [Exchange Administrator] および [SharePoint Administrator] を選択します。

    • [ 製品ライセンスなしでユーザーを作成 ] を選択します。

  6. 新しく作成したサービスアカウントで Exchange バックアップを実行するには、新しく作成したサービスアカウントに Exchange 偽装権限を割り当てます。"偽装の構成"

注記 OneDrive サイトと SharePoint サイトには SaaS Backup が自動的にアクセス許可を割り当てるため、アクセス許可を割り当てる必要はありません。
注記 このアカウントで多要素認証( MFA )を有効にすることができます。