日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Microsoft Exchange Online の偽装を設定します

寄稿者 netapp-rlithman netapp-aherbin このページの PDF をダウンロード

Microsoft Exchange Online で SaaS Backup を使用する場合は、偽装を設定する必要があります。偽装を使用すると、 Microsoft 365 サービスアカウントがユーザーアカウントを偽装し、関連するアクセス許可にアクセスできるようになります。

偽装を自動的に構成します

偽装を自動的に構成するには、を実行します "MSDN PowerShell コマンドです"

偽装を手動で構成します

偽装は、 Microsoft 365 管理者アカウントを使用して手動で構成することも、 SaaS Backup に Microsoft 365 サービスアカウントを追加して構成することもできます。Microsoft 365 サービスアカウントの詳細については、を参照してください "グローバル権限を持つ Microsoft 365 サービスアカウントを作成する"

偽装を手動で構成するには、次の手順に従います。

手順
  1. Microsoft 365 サービスアカウントにログインします。

  2. [*Exchange] タブを選択します。

  3. 左側の [ ダッシュボード ] で、 [* アクセス許可 *] を選択します。

  4. [ 管理者ロール ] をクリックします。

  5. 右側のペインでダブルクリックして、 [* Discovery management* (検出管理 * ) ] を選択します。

  6. [* 役割 ] の下で、 * + * 記号をクリックします。

    偽装を構成するときのライトスコープウィンドウのスクリーンショット Microsoft Exchange Online の略

  7. ドロップダウンメニューから * ApplicationImpersonation * を選択します。

  8. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

  9. [OK] をクリックします。

  10. * 役割 * の下に * ApplicationImpersonation * が追加されていることを確認します。

  11. メンバー( Members )で、 * + * 記号をクリックします。

    Microsoft の偽装を構成するときのメンバーウィンドウのスクリーンショット Exchange Online新しいウィンドウが表示されます

  12. ユーザ名を選択します。

  13. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

  14. [OK] をクリックします。

  15. ユーザー名が * Members * (メンバー * )セクションに表示されていることを確認します。

  16. [ 保存( Save ) ] をクリックします。