日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VM ゲストファイルのリストア用のクレデンシャルを設定する

寄稿者 netapp-madhulik Ronya-Robinson

ゲストファイルまたはフォルダのリストア処理用に仮想ディスクを接続する場合は、リストアの前に接続先の VM でクレデンシャルを設定しておく必要があります。

次の表に、ゲストのリストア処理のクレデンシャル要件を示します。

ユーザアクセス制御が有効です ユーザアクセス制御が無効になっています

ドメインユーザ

ユーザ名として「 administrator 」を持つドメインユーザは正常に動作します。たとえば、「 NetApp\administrator 」と入力します。ただし、ローカル管理者グループに属するユーザ名として「 xyz 」を持つドメインユーザは機能しません。たとえば、「 NetApp\xyz 」を使用することはできません。

ユーザ名として「 administrator 」を持つドメインユーザと、ローカル管理者グループに属するユーザ名として「 xyz 」を持つドメインユーザのどちらでも問題ありません。たとえば、「 NetApp\administrator 」または「 NetApp\xyz 」と入力します。

ワークグループユーザ

ユーザ名として「 administrator 」を持つローカルユーザは正常に動作します。ただし、ローカル管理者グループに属するユーザ名として「 xyz 」を持つローカルユーザは機能しません。

ユーザ名として「 administrator 」を持つローカルユーザと、ローカル管理者グループに属するユーザ名として「 xyz 」を持つローカルユーザのどちらでも問題ありません。ただし、ローカル管理者グループに属さないユーザ名として「 xyz 」を持つローカルユーザは機能しません。

上記の例では、「 netapp 」はダミーのドメイン名、「 xyz 」はダミーのローカルユーザ名です

手順
  1. VMware vSphere Web Client で、 [* Guest File Restore*] をクリックします。

  2. Run As Credentials * セクションで、次のいずれかを実行します。

    これを行うには …​ 操作

    既存のクレデンシャルを使用する

    設定されているクレデンシャルを選択します。

    新しいクレデンシャルを追加する

    1. をクリックします エラー:グラフィックイメージがありません* 追加 * 。

    2. Run As Credentials * ダイアログボックスで、クレデンシャルを入力します。[ ユーザー名 ] には、「 Administrator 」と入力する必要があります。

    3. [Select VM] をクリックし、 [* Proxy VM] ダイアログボックスで VM を選択します。[ 保存( Save ) ] をクリックして、 [ クリデンシャル * として実行( Run As Credentials * ) ] ダイアログボックスに戻ります。クレデンシャルの認証に使用する VM を選択します。

    SnapCenter VMware プラグインは、選択したクレデンシャルを使用して、選択した VM にログオンします。

  3. [ 保存( Save ) ] をクリックします。