日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VM とデータストアのバックアップポリシーの作成

寄稿者 netapp-madhulik Ronya-Robinson

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を使用して VM とデータストアをバックアップするには、事前にバックアップポリシーを作成する必要があります。

作業を開始する前に
  • 前提条件を確認しておく必要があります。

  • セカンダリストレージの関係を設定しておく必要があります。

    • Snapshot コピーをミラーセカンダリストレージまたはバックアップセカンダリストレージにレプリケートする場合は、関係が設定されていることと、 SnapCenter 管理者がユーザにソースとデスティネーションの両方のボリューム用に Storage VM を割り当てておく必要があります。

    • NFS または VMFS データストア上のバージョン依存関係ミラー関係で Snapshot コピーがセカンダリストレージに正常に転送されるようにするには、 SnapMirror ポリシーのタイプが非同期ミラーであり、「 all_source_snapshots 」オプションがチェックされていることを確認します。

    • セカンダリストレージ( mirror-vault )の Snapshot コピーの数が上限に達すると、バックアップ処理でバックアップを登録して保持を適用するアクティビティが次のエラーで失敗します。「 This Snapshot copy is currently used as a reference Snapshot copy by one or more SnapMirror relationship.Snapshot コピーを削除すると、原因の以降の SnapMirror 処理が失敗することがあります

      この問題を修正するには、 Snapshot コピーの上限に達しないように、セカンダリストレージの SnapMirror 保持ポリシーを設定します。

    管理者によるユーザへのリソースの割り当て方法については、を参照してください "ロールベースアクセス制御の使用に関する SnapCenter 情報"

  • VM 整合性バックアップを作成する場合は、 VMware Tools をインストールして実行しておく必要があります。VM を休止するには VMware Tools が必要です。

ウィザードの各ページのフィールドのほとんどはわかりやすいもので、説明を必要としません。以下の手順では、説明が必要な一部のフィールドを取り上げます。

手順
  1. VMware vSphere Web Client の左側のナビゲーションペインで、 * Policies * をクリックします。

  2. [* ポリシー *] ページで、をクリックします エラー:グラフィックイメージがありません * 「 * 」を作成してウィザードを開始します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. [New Backup Policy] ページで、ポリシーを使用する vCenter Server を選択し、ポリシー名と概要を入力します。

    • リンクモード

      リンクモードでは、 vCenter ごとに個別の仮想アプライアンスがあります。そのため、 vCenter 間で名前の重複を使用できます。ただし、リソースグループと同じ vCenter 内にポリシーを作成する必要があります。

    • サポートされない文字です

      VM 、データストア、クラスタ、ポリシー、バックアップ、 またはリソースグループ名: %&*$#@ !\ / : * ?"<> - | ; ' 、。

    アンダースコア文字( _ )を使用できます。

  4. 保持設定を指定します。

    重要 SnapVault レプリケーションを有効にする場合は、保持数を 2 以上に設定する必要があります。保持数を 1 バックアップに設定すると、保持処理が失敗することがあります。これは、新しい Snapshot コピーがターゲットにレプリケートされるまで、最初の Snapshot コピーが SnapVault 関係の参照 Snapshot コピーになるためです。
    注記 最大保持数は、 ONTAP 9.4 以降のリソースでは 1018 のバックアップ、 ONTAP 9.3 以前のリソースでは 254 のバックアップです。保持期間を基盤となる ONTAP バージョンの値よりも大きい値に設定すると、バックアップが失敗します。これは、スパニングデータストアにも当てはまります。スパニングデータストアに ONTAP 9.3 以前と ONTAP 9.4 以降の両方のリソースが含まれている場合は、保持値を 254 に設定してください。
  5. 頻度の設定を指定します。

    ポリシーではバックアップの頻度のみを指定します。バックアップの具体的なスケジュールは、リソースグループで定義します。したがって、複数のリソースグループで同じポリシーとバックアップ頻度を使用している場合でも、別々のバックアップスケジュールを設定できます。

  6. [ * Replication * ] フィールドで、次の表に示すように、セカンダリ・ストレージへのレプリケーションのタイプを指定します。

    フィールド名 操作

    バックアップ後に SnapMirror を更新

    プライマリバックアップボリュームとの SnapMirror 関係がある別のボリュームにバックアップセットのミラーコピーを作成する場合は、このオプションを選択します。ミラーバックアップ関係が設定されたボリュームでバックアップをミラーバックアップデスティネーションにコピーする場合は、「バックアップ後に SnapVault を更新」オプションのみを選択する必要があります。

    注記 このオプションは、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.5 以降で FlexGroup ボリュームのデータストアでサポートされます。このオプションは、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.4 以前の FlexGroup ボリューム内のデータストアではサポートされていません。

    バックアップ後に SnapVault を更新してください

    プライマリバックアップボリュームとの SnapVault 関係がある別のボリュームでディスクツーディスクバックアップレプリケーションを実行する場合は、このオプションを選択します。

    重要 ボリュームに mirror-vault 関係が設定されている場合は、このオプションのみを選択する必要があります。
    注記 このオプションは、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.5 以降で FlexGroup ボリュームのデータストアでサポートされます。このオプションは、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.4 以前の FlexGroup ボリューム内のデータストアではサポートされていません。

    Snapshot ラベル

    このポリシーで作成された SnapVault および SnapMirror Snapshot コピーに追加するオプションのカスタムラベルを入力します。Snapshot ラベルは、このポリシーで作成された Snapshot をセカンダリストレージシステム上の他の Snapshot と区別する際に役立ちます。

    注記 Snapshot コピーのラベルは 31 文字以内で指定します。
  7. オプション: [ * 詳細設定 * ] フィールドで、必要なフィールドを選択します。次の表に、 Advanced フィールドの詳細を示します。

    フィールド名 操作

    VM 整合性

    バックアップジョブが実行されるたびに VM を休止して VMware スナップショットを作成する場合は、このチェックボックスをオンにします。

    重要 VM 整合性バックアップを実行するには、 VM 上で VMware Tools を実行している必要があります。VMware Tools が実行されていない場合は、代わりに crash-consistent バックアップが実行されます。
    注記 VM 整合性ボックスをオンにすると、バックアップ処理に時間がかかり、より多くのストレージスペースが必要になる場合があります。このシナリオでは、 VM を最初に休止したあと、 VMware によって VM 整合性のある Snapshot が実行され、 SnapCenter によってバックアップ処理が実行されたあと、 VM の処理が再開されます。VM ゲストメモリは VM 整合性スナップショットに含まれません。

    独立型ディスクのデータストアを含める

    一時的なデータを含む独立型ディスクのデータストアをバックアップに含める場合は、このチェックボックスをオンにします。

    スクリプト

    バックアップ処理の前後に SnapCenter VMware プラグインを実行するプリスクリプトまたはポストスクリプトの完全修飾パスを入力します。たとえば、 SNMP トラップの更新、アラートの自動化、ログの送信などをスクリプトで実行できます。スクリプトパスは、スクリプト実行時に検証されます。

    注記 プリスクリプトとポストスクリプトは仮想アプライアンス VM 上にある必要があります。複数のスクリプトを入力するには、スクリプトパスの入力後に * Enter キーを押し、スクリプトごとに改行します。セミコロンは使用できません。
  8. [ * 追加 ] をクリックします。 *

    ポリシーが作成されたことを確認し、ポリシーページでポリシーを選択してポリシーの設定を確認できます。