日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter ライセンス

寄稿者

SnapCenter では、アプリケーション、データベース、ファイルシステム、および仮想マシンのデータを保護するために、複数のライセンスが必要になります。インストールする SnapCenter ライセンスのタイプは、ストレージ環境および使用する機能によって異なります。

使用許諾 必要に応じて

SnapCenter 標準のコントローラベース

FAS およびAFF に必要です

SnapCenter Standard ライセンスはコントローラベースのライセンスで、 Premium Bundle に含まれています。SnapManager スイートのライセンスをお持ちの場合は、 SnapCenter Standard のライセンスもご利用いただけます。FAS または AFF ストレージを使用した SnapCenter の試用版をインストールする場合は、営業担当者にお問い合わせください。

注記 SnapCenter は、データ保護バンドルの一部としても提供されます。A400 以降を購入している場合は、データ保護バンドルを購入する必要があります。

SnapCenter - 容量ベース

ONTAP Select および Cloud Volumes ONTAP で必要です

Cloud Volumes ONTAP または ONTAP Select を使用している場合は、 SnapCenter で管理するデータに基づいて、容量ベースのライセンスを 1TB 単位で購入する必要があります。デフォルトでは、 SnapCenter には 90 日間の 100TB SnapCenter の標準容量ベースの試用版ライセンスが組み込まれています。その他の詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

SnapMirror または SnapVault

ONTAP

SnapCenter でレプリケーションを有効にする場合は、 SnapMirror または SnapVault のライセンスが必要です。

SnapRestore

バックアップのリストアおよび検証に必要です。

プライマリストレージシステム

  • リモート検証に加えてバックアップからのリストアを実行するには、 SnapVault デスティネーションシステムに必要です。

  • リモート検証を実行する場合は、 SnapMirror デスティネーションシステムに必要です。

FlexClone

データベースのクローニングおよび検証処理に必要です。

プライマリストレージシステムおよびセカンダリストレージシステム。

  • セカンダリ SnapVault バックアップからクローンを作成する場合、 SnapVault デスティネーションシステムに必要です。

  • セカンダリ SnapMirror バックアップからクローンを作成するには、 SnapMirror デスティネーションシステムに必要です。

プロトコル

  • LUN 用の iSCSI または FC ライセンス

  • SMB 共有の CIFS ライセンス

  • NFS タイプの VMDK 用の NFS ライセンスです

  • VMFS タイプの VMDK 用の iSCSI または FC ライセンス

ソースボリュームを利用できない場合に SnapMirror デスティネーションシステムからデータを提供するには、 SnapMirror デスティネーションシステムに必要です。

SnapCenter 標準ライセンス(オプション)

セカンダリデスティネーション

注記 セカンダリデスティネーションに SnapCenter Standard ライセンスを追加することを推奨しますが、必須ではありません。セカンダリデスティネーションで SnapCenter 標準ライセンスが有効になっていない場合、フェイルオーバー処理の実行後に、 SnapCenter を使用してセカンダリデスティネーションのリソースをバックアップすることはできません。ただし、クローニング処理と検証処理を実行するには、セカンダリデスティネーションに FlexClone ライセンスが必要です。
注記 SnapCenter Advanced および SnapCenter NAS ファイルサービスのライセンスは廃止され、現在は提供されていません。

1 つ以上の SnapCenter ライセンスをインストールする必要があります。ライセンスの追加方法については、を参照してください "SnapCenter の標準コントローラベースのライセンスを追加します" または "SnapCenter の Standard 容量ベースのライセンスを追加"

Single Mailbox Recovery ( SMBR )ライセンス

SnapCenter Plug-in for Exchange を使用して Microsoft Exchange Server データベースと Single Mailbox Recovery ( SMBR )を管理している場合は、 SMBR のライセンスが追加で必要です。 SMBR の場合は、ユーザのメールボックスに基づいて別途購入する必要があります。

メールボックスが 1 、 000 、 5000 、 15000 、 25000 個という単位で提供されている SMBR ライセンスを購入する場合は、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。SKU の購入後、の手順に従ってライセンスを取得できます "SMBR リリースノート"

ライセンスキーのリクエストを送信すると、 Kroll Ontrack は問題 50 メールボックスライセンスキーを送信します。資格に基づいて、 Kroll Ontrack は検証後にメールボックスのライセンスをアップグレードします。