日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ接続およびクレデンシャル

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

データ保護処理を実行する前に、ストレージ接続をセットアップし、 SnapCenter サーバおよび SnapCenter プラグインで使用するクレデンシャルを追加する必要があります。

  • * ストレージ接続 *

    ストレージ接続を使用すると、 SnapCenter サーバおよび SnapCenter プラグインから ONTAP ストレージにアクセスできるようになります。この接続のセットアップには、 AutoSupport 機能と Event Management System ( EMS ;イベント管理システム)機能の設定も含まれます。

  • * 資格情報 *

    • ドメイン管理者または管理者グループの任意のメンバー

      ドメイン管理者、または SnapCenter プラグインをインストールするシステムの管理者グループの任意のメンバーを指定します。Username フィールドの有効な形式は次のとおりです。

      • NETBIOS_USERNAME_

      • _ ドメイン FQDN\ ユーザ名 _

      • Username@UPN

    • ローカル管理者(ワークグループのみ)

      ワークグループに属するシステムの場合は、 SnapCenter プラグインをインストールするシステムに組み込みのローカル管理者を指定します。ユーザアカウントに昇格された権限がある場合、またはホストシステムでユーザアクセス制御機能が無効になっている場合は、ローカル管理者グループに属するローカルユーザアカウントを指定できます。

    Username フィールドの有効な形式は、 username です

    • 個々のリソースグループのクレデンシャル

      個々のリソースグループのクレデンシャルを設定していて、ユーザ名にフル管理者権限がない場合は、少なくともリソースグループとバックアップ権限をユーザ名に割り当てる必要があります。