日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プラグインホストにリソースを手動で追加します

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

自動検出は、特定の HANA インスタンスではサポートされていません。これらのリソースは手動で追加する必要があります。

  • 必要なもの *

SnapCenter サーバのインストール、ホストの追加、ストレージシステム接続のセットアップ、 HDB ユーザストアキーの追加などのタスクを完了しておく必要があります。

  • このタスクについて *

自動検出は、次の構成ではサポートされません。

  • RDM と VMDK のレイアウト

    注記 上記のリソースが検出された場合、これらのリソースではデータ保護処理はサポートされていません。
  • HANA マルチホスト構成

  • HANA システムレプリケーション

  • 同じホスト上の複数のインスタンス

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、ドロップダウンリストから SnapCenter Plug-in for SAP HANA Database を選択し、 * Resources * をクリックします。

    2. [* リソース ] ページで、 [* SAP HANA データベースの追加 ] をクリックします。

    3. [Provide Resource Details] ページで、次の操作を実行します。

      フィールド 手順

      リソースタイプ( Resource Type )

      リソースタイプを入力します。リソースタイプは、単一コンテナ、マルチテナントデータベースコンテナ( MDC )、非データボリュームです。

      HANA システム名

      SAP HANA システムのわかりやすい名前を入力します。このオプションは、単一コンテナまたは MDC リソースタイプを選択した場合にのみ使用できます。

      SID

      システム ID ( SID )を入力します。インストールされた SAP HANA システムは単一の SID で識別されます。

      プラグインホスト

      プラグインホストを選択します。

      hdb セキュアユーザストアキー

      SAP HANA システムに接続するためのキーを入力します。このキーには、データベースに接続するためのログイン情報が含まれています。

      HDBSQL OS ユーザ

      HDB Secure User Store Key が設定されているユーザー名を入力します。Windows の場合は、 HDBSQL OS ユーザがシステムユーザであることが必須です。そのため、システムユーザーに対して HDB Secure User Store Key を設定する必要があります。

    4. [ ストレージ容量の確保 * ] ページで、ストレージ・システムを選択し、 1 つ以上のボリューム、 LUN 、および qtree を選択して、 [ * 保存 * ] をクリックします。

      オプション:「 * 」をクリックします* アイコンをクリックして、他のストレージ・システムからボリューム、 LUN 、および qtree を追加します。

    5. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

      データベースは、 SID 、プラグインホスト、関連するリソースグループとポリシー、全体的なステータスなどの情報とともに表示されます

リソースへのアクセスをユーザに許可する場合は、ユーザにリソースを割り当てる必要があります。これにより、ユーザは、自身に割り当てられたアセットに対して権限のある処理を実行できます。

データベースの追加が完了したら、 SAP HANA データベースの詳細を変更できます。

SAP HANA リソースにバックアップが関連付けられている場合、次の項目は変更できません。

  • マルチテナントデータベースコンテナ( MDC ): SID または HDBSQL Client (プラグイン)ホスト

  • Single Container : SID または HDBSQL Client (プラグイン)ホスト

  • データボリューム以外:リソース名、関連付けられた SID 、またはプラグインホスト