日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter のアップグレード後に、 SAP HANA データベースのクローンを削除またはスプリットします

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter 4.3 にアップグレードすると、クローンは表示されなくなります。クローンを削除するか、クローンが作成されたリソースのトポロジページからクローンをスプリットします。

  • このタスクについて *

非表示クローンのストレージフットプリントを確認するには、「 Get-SmClone-ListStorageFootprint 」コマンドを実行します

  • 手順 *

    1. remove-smbackup コマンドレットを使用して、クローニングしたリソースのバックアップを削除します。

    2. remove-smresourcegroup コマンドレットを使用して、クローニングされたリソースのリソースグループを削除します。

    3. remove-smprotectresource コマンドレットを使用して、クローニングされたリソースの保護を解除します。

    4. [* リソース ] ページから親リソースを選択します。

      リソースのトポロジページが表示されます。

    5. [ コピーの管理 ] ビューで ' プライマリ・ストレージ・システムまたはセカンダリ(ミラーまたはレプリケートされた)ストレージ・システムからクローンを選択します

    6. クローンを選択し、をクリックします クローンを削除するには、をクリックします をクリックしてクローンをスプリットします。

    7. [OK] をクリックします。