日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチテナントデータベースコンテナでデータ保護を準備

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter に直接登録された SAP HANA ホストの場合、 SnapCenter Plug-in for SAP HANA Database をインストールまたはアップグレードすると、ホスト上のリソースが自動的に検出されます。プラグインをインストールまたはアップグレードした後、プラグインホスト上にあるすべてのマルチテナントデータベースコンテナ( MDC )リソースに対して、別の MDC リソースが自動的に検出されて SnapCenter に登録されます。新しいリソースは「ロック」状態になります。

  • このタスクについて *

たとえば、 SnapCenter 4.2 では、 E90 MDC リソースがプラグインホスト上にあり、手動で登録されている場合、 SnapCenter 4.3 にアップグレードした後に、別の GUID を持つ別の E90 MDC リソースが検出されて SnapCenter に登録されます。

注記 SnapCenter 4.2 以前のバージョンのリソースに関連付けられたバックアップは、保持期間が満了するまで保持される必要があります。保存期間が終了したら、古い MDC リソースを削除して、新しい自動検出された MDC リソースを引き続き管理できます。

「古い MDC リソース」は、 SnapCenter 4.2 以前のリリースで手動で追加されたプラグインホストの MDC リソースです。

SnapCenter 4.3 で検出された新しいリソースを使用してデータ保護処理を開始するには、次の手順を実行します。

  • 手順 *

    1. [* リソース *] ページで、以前の SnapCenter リリースにバックアップが追加されている古い MDC リソースを選択し、 [ トポロジ ] ページから「メンテナンスモード」にします。

      リソースがリソースグループの一部である場合は、リソースグループを「メンテナンスモード」にします。

    2. リソースページから新しいリソースを選択して、 SnapCenter 4.3 にアップグレードした後に検出された新しい MDC リソースを構成します。

      「新しい MDC リソース」は、 SnapCenter サーバとプラグインホストが 4.3 にアップグレードされたときに検出された、新しく検出された MDC リソースです。新しい MDC リソースは、古い MDC リソースと同じ SID を持つリソース、特定のホスト、およびリソースページのその横に赤い南京錠のアイコンで識別できます。

    3. SnapCenter 4.3 へのアップグレード後に検出された新しい MDC リソースを保護するには ' 保護ポリシー ' スケジュール ' 通知設定を選択します

    4. 保持設定に基づいて、 SnapCenter 4.2 以前のリリースで作成されたバックアップを削除します。

    5. Topology ページからリソースグループを削除します。

    6. [ リソース ] ページから古い MDC リソースを削除します。

      たとえば、プライマリ Snapshot コピーの保持期間が 7 日で、セカンダリ Snapshot コピーの保持期間が 45 日の場合、 45 日が完了してすべてのバックアップが削除されたあとに、リソースグループと古い MDC リソースを削除する必要があります。

  • 詳細はこちら *