日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAP HANA データベース用に HDB User Store Key および HDBSQL OS ユーザを設定します

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SAP HANA データベースでデータ保護処理を実行するには、 HDB User Store Key および HDBSQL OS ユーザを設定する必要があります。

  • 必要なもの *

  • SAP HANA データベースで HDB Secure User Store Key および HDB SQL OS User が設定されていない場合は、自動検出されたリソースにのみ赤い南京錠のアイコンが表示されます。その後の検出操作中に、設定されている HDB Secure User Store Key が正しくないか、データベース自体へのアクセスを提供していない場合は、赤い南京錠のアイコンが再表示されます。

  • データ保護処理を実行するには、 HDB Secure User Store Key および HDB SQL OS ユーザーがデータベースを保護できるように設定するか、またはデータベースをリソースグループに追加する必要があります。

  • システムデータベースにアクセスするには、 HDB SQL OS ユーザーを構成する必要があります。HDB SQL OS ユーザがテナントデータベースのみにアクセスするように設定されていると、検出処理が失敗します。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから SnapCenter Plug-in for SAP HANA Database を選択します。

    2. [* リソース ] ページで、 [ * 表示 ] リストからリソースタイプを選択します。

    3. (オプション)をクリックします をクリックし、ホスト名を選択します。

      をクリックします をクリックしてフィルタペインを閉じます。

    4. データベースを選択し、 * データベースの設定 * をクリックします。

    5. [ データベース設定の構成 ] セクションで、 HDB Secure User Store Key と入力します。

      注記 プラグインのホスト名が表示され、 HDB SQL OS ユーザーが <sid>adm に自動的に入力されます。
    6. [OK] をクリックします。

Topology ページからデータベースの設定を変更できます。