日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Plug-in for Microsoft SQL Server を使用するための前提条件

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

ユーザが Plug-in for SQL Server の使用を開始するためには、 SnapCenter 管理者が事前に SnapCenter サーバをインストールして設定し、前提条件となるタスクを実行する必要があります。

  • SnapCenter サーバをインストールして設定します。

  • SnapCenter にログインします。

  • ストレージシステム接続を追加または割り当て、クレデンシャルを作成して、 SnapCenter 環境を設定します。

    注記 SnapCenter では、異なるクラスタにある同じ名前の SVM は複数サポートされません。SnapCenter でサポートする SVM には、それぞれ一意の名前を付ける必要があります。
  • ホストを追加し、プラグインをインストールし、リソースを検出(更新)し、プラグインを設定します。

  • Invoke-NaSmConfigureResources を実行して既存の Microsoft SQL Server データベースをローカルディスクからネットアップ LUN に移動したり、その逆を実行したりします。

    コマンドレットの実行方法については、を参照してください "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"

  • VMware RDM LUN または VMDK に存在する SQL データベースを SnapCenter Server で保護する場合は、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を導入して、 SnapCenter にプラグインを登録する必要があります。詳細については、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere のドキュメントを参照してください。

  • SnapCenter Plug-in for Microsoft Windows を使用して、ホスト側のストレージをプロビジョニングします。

  • 既存のデータベースをネットアップストレージに移動します。

    詳細については、「 SnapCenter によるインポート情報」を参照してください。

  • バックアップレプリケーションが必要である場合は、 SnapMirror 関係と SnapVault 関係をセットアップします。

詳細については、 SnapCenter のインストールに関する説明を参照してください。

SnapCenter 4.1.1 ユーザの場合、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.1.1 のドキュメントには、仮想化されたデータベースとファイルシステムの保護に関する情報が記載されています。SnapCenter 4.2.x ユーザの場合、 NetApp Data Broker 1.0 および 1.0.1 のドキュメントでは、 Linux ベースの NetApp Data Broker 仮想アプライアンス(オープン仮想アプライアンス形式)が提供する SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を使用して、仮想化されたデータベースとファイルシステムを保護する方法について説明しています。SnapCenter 4.3.x を使用する場合は、 Linux ベースの SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 仮想アプライアンス(オープン仮想アプライアンス形式)を使用して仮想化されたデータベースとファイルシステムを保護する方法について、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere 4.3 のドキュメントを参照してください。