日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Plug-in for SQL Server のセカンダリストレージからプライマリストレージへのフェイルバック

SnapCenter Plug-in for SQL Server のプライマリストレージがオンラインに戻ったら、プライマリストレージにフェイルバックする必要があります。

  • 必要なもの *

  • Managed Hosts ページから SnapCenter Plug-in for SQL Server を * Maintenance * モードにします。

  • セカンダリストレージをホストから切断して、プライマリストレージから接続します。

  • プライマリストレージにフェイルバックするには、逆再同期処理を実行して、フェイルオーバー前と同じ関係の方向が維持されることを確認します。

    逆再同期処理の実行後もプライマリストレージとセカンダリストレージのロールを保持するには、逆再同期処理をもう一度実行します。

    詳細については、を参照してください "ミラー関係を逆再同期しています"

  • MSSQL サーバサービスを再起動します。

  • SQL リソースがオンラインに戻っていることを確認します。

  • 手順 *

    1. 設定ページで、 * 設定 * > * グローバル設定 * > * ディザスタ・リカバリ * と進みます。

    2. [Enable Disaster Recovery] を選択解除します。

    3. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

    4. DR ジョブが有効になっているかどうかを確認するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。

  • 終了後 *

  • フェイルオーバー時に作成された SnapCenter Plug-in for SQL Server バックアップは、 UI またはコマンドレット「 Remove-SmDRFailoverBackups 」を使用して削除できます