日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter サーバとプラグインでサポートされるREST API

寄稿者

SnapCenter REST API で使用できるリソースは、 SnapCenter API ドキュメントページに表示されるカテゴリ別に分類されています。以下に、各リソースの簡単な概要とベースリソースパスを示し、使用に際しての追加の考慮事項がある場合はその情報も示します。

認証

このAPIを使用して、SnapCenter サーバにログインできます。この API は、以降の要求の認証に使用するユーザ認証トークンを返します。

ドメイン

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • SnapCenter 内のすべてのドメインを取得します

  • 特定のドメインの詳細を取得します

  • ドメインを登録または登録解除します

  • ドメインを変更します

ジョブ

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • SnapCenter のすべてのジョブを取得します

  • ジョブのステータスを取得します

  • ジョブをキャンセルまたは停止します

設定

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • クレデンシャルを登録、変更、または削除します

  • SnapCenter サーバに登録されているクレデンシャル情報を表示します

  • 通知を設定します

  • Eメール通知を送信するように現在設定されているSMTPサーバに関する情報を取得し、SMTPサーバの名前、受信者の名前、および送信者の名前を表示します

  • SnapCenter サーバログインの多要素認証(MFA)設定を表示します

  • SnapCenter サーバログインに対してMFAを有効または無効にして設定します

  • MFAの設定に必要な構成ファイルを作成します

ホスト

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • すべてのSnapCenter ホストを照会します

  • SnapCenter から1つ以上のホストを削除します

  • 名前でホストを取得します

  • ホストのすべてのリソースを取得します

  • リソースIDを使用してリソースを取得する

  • プラグイン設定の詳細を取得します

  • プラグインホストを設定します

  • Microsoft SQL Serverホスト用プラグインのすべてのリソースを取得します

  • Oracleデータベース・ホスト用プラグインのすべてのリソースを取得します

  • カスタムアプリケーションホスト用のプラグインのすべてのリソースを取得します

  • SAP HANAホスト用プラグインのすべてのリソースを取得します

  • インストールされているプラグインを取得します

  • 既存のホストにプラグインをインストールする

  • ホストパッケージをアップグレードします

  • 既存のホストからプラグインを削除します

  • ホストにプラグインを追加します

  • ホストを追加または変更します

  • Linuxホストの署名を取得します

  • Linuxホストの署名を登録します

  • ホストをメンテナンスモードまたは本番モードにします

  • ホストでプラグインサービスを開始または再起動します

  • ホストの名前を変更します

リソース

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • すべてのリソースを取得します

  • リソースIDを使用してリソースを取得する

  • Microsoft SQL Serverホスト用プラグインのすべてのリソースを取得します

  • Oracleデータベース・ホスト用プラグインのすべてのリソースを取得します

  • カスタムアプリケーションホスト用のプラグインのすべてのリソースを取得します

  • SAP HANAホスト用プラグインのすべてのリソースを取得します

  • キーを使用してMicrosoft SQL Serverリソースを取得します

  • キーを使用してカスタムリソースを取得します

  • カスタムアプリケーションホスト用のプラグインのリソースを変更します

  • キーを使用して、カスタムアプリケーションホスト用プラグインのリソースを削除します

  • キーを使用してSAP HANAリソースを取得する

  • SAP HANAホスト用プラグインのリソースを変更します

  • キーを使用して、SAP HANAホスト用プラグインのリソースを削除します

  • キーを使用してOracleリソースを取得します

  • Oracleアプリケーションボリュームリソースを作成します

  • Oracleアプリケーションボリュームリソースを変更します

  • キーを使用してOracleアプリケーションボリュームのリソースを削除します

  • Oracleリソースのセカンダリの詳細を取得します

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverを使用して、Microsoft SQL Serverリソースをバックアップします

  • Plug-in for Oracle Databaseを使用してOracleリソースをバックアップします

  • カスタムアプリケーション用のプラグインを使用して、カスタムリソースをバックアップします

  • SAP HANAデータベースを設定します

  • Oracleデータベースを設定します

  • SQLデータベースのバックアップをリストアする

  • Oracleデータベースバックアップをリストアする

  • カスタムアプリケーションのバックアップをリストアする

  • カスタムプラグインリソースを作成する

  • SAP HANAリソースを作成します

  • カスタムアプリケーション用のプラグインを使用してカスタムリソースを保護する

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverを使用してMicrosoft SQL Serverリソースを保護します

  • 保護されたMicrosoft SQL Serverリソースを変更します

  • Microsoft SQL Serverリソースの保護を解除します

  • Plug-in for Oracle Databaseを使用してOracleリソースを保護します

  • 保護されたOracleリソースを変更します

  • Oracleリソースの保護を解除します

  • カスタムアプリケーションのプラグインを使用して、バックアップからリソースをクローニングする

  • Plug-in for Oracle Databaseを使用して、バックアップからOracleアプリケーションボリュームをクローニングします

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverを使用して、バックアップからMicrosoft SQL Serverリソースのクローンを作成します

  • Microsoft SQL Serverリソースのクローンライフサイクルを作成します

  • Microsoft SQL Serverリソースのクローンのライフサイクルを変更します

  • Microsoft SQL Serverリソースのクローンライフサイクルを削除します

  • 既存のMicrosoft SQL ServerデータベースをローカルディスクからNetApp LUNに移動します

  • Oracleデータベースのクローン仕様ファイルを作成します

  • Oracleリソースのクローン更新ジョブをオンデマンドで開始する

  • クローン仕様ファイルを使用して、バックアップからOracleリソースを作成します

  • データベースをセカンダリレプリカにリストアし、データベースを可用性グループに再び参加させます

  • Oracleアプリケーションボリュームリソースを作成します

バックアップ

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • バックアップの名前、タイプ、プラグイン、リソース、または日付別にバックアップの詳細を取得する

  • すべてのバックアップを取得します

  • バックアップの詳細を取得します

  • バックアップの名前変更または削除

  • Oracleバックアップをマウント

  • Oracleバックアップをアンマウント

  • Oracleバックアップをカタログ化

  • Oracleバックアップをカタログ化解除します

  • ポイントインタイムリカバリを実行するためにマウントが必要なすべてのバックアップを取得します

クローン

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • Oracleデータベースのクローン仕様ファイルを作成、表示、変更、および削除します

  • Oracleデータベースのクローン階層を表示します

  • クローンの詳細を取得します

  • すべてのクローンを取得します

  • クローンを削除します。

  • IDを使用してクローンの詳細を取得します

  • Oracleリソースのクローン更新ジョブをオンデマンドで開始する

  • クローン仕様ファイルを使用して、バックアップからOracleリソースをクローニングします

クローンスプリット

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • クローニングされたリソースのクローンスプリット処理を見積もります

  • クローンスプリット処理のステータスを取得します

  • クローンスプリット処理を開始または停止します

リソースグループ

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • すべてのリソースグループの詳細を取得します

  • リソースグループを名前で取得します

  • カスタムアプリケーション用のプラグインのリソースグループを作成します

  • Microsoft SQL Server用プラグインのリソースグループを作成します

  • Oracleデータベース用プラグインのリソースグループを作成します

  • カスタムアプリケーションのプラグインのリソースグループを変更する

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverのリソースグループを変更します

  • Oracleデータベース用プラグインのリソースグループを変更する

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverのリソースグループのクローンライフサイクルを作成、変更、または削除します

  • リソースグループをバックアップする

  • リソースグループをメンテナンスモードまたは本番モードにします

  • リソースグループを削除する

ポリシー

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • ポリシーの詳細を取得します

  • ポリシーの詳細を名前で取得します

  • ポリシーを削除する

  • 既存のポリシーのコピーを作成する

  • カスタムアプリケーション用のプラグインのポリシーを作成または変更する

  • Microsoft SQL Server用プラグインのポリシーを作成または変更します

  • Oracleデータベース用プラグインのポリシーを作成または変更します

  • SAP HANAデータベース用プラグインのポリシーを作成または変更します

ストレージ

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • すべての共有を取得します

  • 名前を指定して共有を取得します

  • 共有を作成または削除します

  • ストレージの詳細を取得します

  • 名前を指定してストレージの詳細を取得します

  • ストレージを作成、変更、または削除する

  • ストレージクラスタ上のリソースを検出

  • ストレージクラスタのリソースを取得する

共有

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • 共有の詳細を取得します

  • すべての共有の詳細を取得します

  • ストレージ上に共有を作成するか、削除します

  • 名前を指定して共有を取得します

プラグイン

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • ホストのすべてのプラグインを一覧表示します

  • キーを使用してMicrosoft SQL Serverリソースを取得します

  • キーを使用してカスタムリソースを変更します

  • キーを使用してカスタムリソースを削除します

  • キーを使用してSAP HANAリソースを取得する

  • キーを使用してSAP HANAリソースを変更します

  • キーを使用してSAP HANAリソースを削除します

  • キーを使用してOracleリソースを取得します

  • Oracleアプリケーションのボリュームリソースをキーを使用して変更します

  • キーを使用してOracleアプリケーションボリュームのリソースを削除します

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverとキーを使用して、Microsoft SQL Serverリソースをバックアップします

  • Oracleデータベース用プラグインとキーを使用して、Oracleリソースをバックアップします

  • カスタムアプリケーション用のプラグインとキーを使用して、カスタムアプリケーションリソースをバックアップします

  • キーを使用してSAP HANAデータベースを設定します

  • キーを使用してOracleデータベースを設定します

  • カスタムアプリケーションのバックアップをキーを使用してリストアする

  • カスタムプラグインリソースを作成する

  • SAP HANAリソースを作成します

  • Oracleアプリケーションボリュームリソースを作成します

  • カスタムアプリケーション用のプラグインを使用してカスタムリソースを保護する

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverを使用してMicrosoft SQL Serverリソースを保護します

  • 保護されたMicrosoft SQL Serverリソースを変更します

  • Microsoft SQL Serverリソースの保護を解除します

  • Plug-in for Oracle Databaseを使用してOracleリソースを保護します

  • 保護されたOracleリソースを変更します

  • Oracleリソースの保護を解除します

  • カスタムアプリケーションのプラグインを使用して、バックアップからリソースをクローニングする

  • Plug-in for Oracle Databaseを使用して、バックアップからOracleアプリケーションボリュームをクローニングします

  • Plug-in for Microsoft SQL Serverを使用して、バックアップからMicrosoft SQL Serverリソースのクローンを作成します

  • Microsoft SQL Serverリソースのクローンライフサイクルを作成します

  • Microsoft SQL Serverリソースのクローンのライフサイクルを変更します

  • Microsoft SQL Serverリソースのクローンライフサイクルを削除します

  • Oracleデータベースのクローン仕様ファイルを作成します

  • Oracleリソースのクローンライフサイクルをオンデマンドで開始する

  • クローン仕様ファイルを使用して、バックアップからOracleリソースをクローニングします

レポート

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • 対応するプラグインのバックアップ、リストア、クローニングの各処理に関するレポートを取得できます

  • スケジュールを追加、実行、削除、または変更します

  • スケジュール済みレポートのデータを取得します

アラート

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • すべてのアラートを取得します

  • IDを使用してアラートを取得します

  • 複数のアラートを削除するか、ID別にアラートを削除します

RBAC

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • ユーザ、グループ、およびロールの詳細を取得します

  • ユーザを追加または削除します

  • ロールにユーザを割り当てます

  • ロールへのユーザの割り当てを解除します

  • ロールを作成、変更、または削除します

  • グループをロールに割り当てます

  • ロールからグループの割り当てを解除します

  • グループを追加または削除します

  • 既存のロールのコピーを作成します

  • ユーザまたはグループにリソースを割り当てまたは割り当て解除します

設定

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • 構成設定を表示します

  • 設定を変更します

CertificateSettings

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • SnapCenter サーバまたはプラグインホストの証明書ステータスを表示します

  • SnapCenter サーバまたはプラグインホストの証明書設定を変更します

リポジトリ

APIを使用してさまざまな処理を実行できます。

  • リポジトリのバックアップを取得する

  • リポジトリの設定情報を表示します

  • SnapCenter リポジトリを保護し、リストアします

  • SnapCenter リポジトリの保護を解除します

  • リポジトリを再構築してフェイルオーバーします

バージョン

このAPIを使用して、SnapCenter のバージョンを表示できます。