日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースのバックアップ処理をキャンセルします

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

実行中、キューに登録済み、または応答しないバックアップ処理をキャンセルできます。

バックアップ処理をキャンセルするには、 SnapCenter 管理者またはジョブ所有者としてログインする必要があります。

  • このタスクについて *

バックアップ処理をキャンセルすると、 SnapCenter サーバは処理を停止し、作成されたバックアップが SnapCenter サーバに登録されていない場合は、ストレージからすべての Snapshot コピーを削除します。バックアップがすでに SnapCenter サーバに登録されている場合、キャンセル後も、作成済みの Snapshot コピーはロールバックされません。

  • キャンセルできるのは、キューに登録されたか実行中のログ処理またはフルバックアップ処理のみです。

  • 検証の開始後に処理をキャンセルすることはできません。

    検証前に処理をキャンセルした場合、処理はキャンセルされ、検証処理は実行されません。

  • カタログ処理の開始後にバックアップ処理をキャンセルすることはできません。

  • バックアップ処理は、 Monitor (モニタ)ページまたは Activity (アクティビティ)ペインからキャンセルできます。

  • SnapCenter GUI に加え、 CLI コマンドを使用して処理をキャンセルすることもできます。

  • キャンセルできない操作に対しては、 [ ジョブのキャンセル ] ボタンが無効になっています。

  • ロールの作成中に ' このロールのすべてのメンバーが他のメンバーオブジェクトを表示して操作できるようにする * を選択した場合は ' そのロールを使用している間に ' 他のメンバーのキューに入っているバックアップ操作をキャンセルできます

  • ステップ *

次のいずれかを実行します。

方法 アクション

監視ページ

  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。

  2. 操作を選択し、 * ジョブのキャンセル * をクリックします。

アクティビティペイン

  1. バックアップジョブを開始したら、をクリックします をクリックして、最近の 5 つの操作を表示します。

  2. 処理を選択します。

  3. [ ジョブの詳細 ] ページで、 [ * ジョブのキャンセル * ] をクリックします。

  • 結果 *

処理がキャンセルされ、リソースが元の状態に戻ります。

キャンセル中または実行中の状態でキャンセルした処理が応答しない場合は、 Cancel-SmJobID<int> -Force を実行してバックアップ処理を強制的に停止する必要があります。