Skip to main content
SnapCenter Software 5.0
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell コマンドレットを使用して Exchange リソースをリストアします

共同作成者

Exchange データベースをリストアするときは、 SnapCenter サーバとの接続セッションを開始し、バックアップをリストしてバックアップ情報を取得し、バックアップをリストアします。

PowerShell コマンドレットを実行できるように PowerShell 環境を準備しておく必要があります。

このタスクについて

ONTAP 9.12.1以前のバージョンでは、リストアの一環としてSnapLockヴォールトSnapshotコピーから作成されたクローンにSnapLockヴォールトの有効期限が継承されます。SnapLockの有効期限が過ぎた時点で、ストレージ管理者がクローンを手動でクリーンアップする必要があります。

手順
  1. 「 Open-SmConnection 」コマンドレットを使用して、指定されたユーザの SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します。

    Open-smconnection  -SMSbaseurl  https://snapctr.demo.netapp.com:8146/
  2. 「 Get-SmBackup 」コマンドレットを使用して、リストアする 1 つ以上のバックアップに関する情報を取得します。

    この例は、使用可能なすべてのバックアップに関する情報を表示します。

    PS C:\> Get-SmBackup
    
    BackupId                      BackupName                    BackupTime                    BackupType
    --------                      ----------                    ----------                    ----------
    341                           ResourceGroup_36304978_UTM... 12/8/2017 4:13:24 PM          Full Backup
    342                           ResourceGroup_36304978_UTM... 12/8/2017 4:16:23 PM          Full Backup
    355                           ResourceGroup_06140588_UTM... 12/8/2017 6:32:36 PM          Log Backup
    356                           ResourceGroup_06140588_UTM... 12/8/2017 6:36:20 PM          Full Backup
  3. 「 Restore-SmBackup 」コマンドレットを使用して、バックアップからデータをリストアします。

    この例では、最新の状態へのバックアップをリストアしています。

    C:\PS> Restore-SmBackup -PluginCode SCE -AppObjectId 'sce-w2k12-exch.sceqa.com\sce-w2k12-exch_DB_2' -BackupId 341 -IsRecoverMount:$true

    この例では、ポイントインタイムバックアップをリストアします。

    C:\ PS> Restore-SmBackup -PluginCode SCE -AppObjectId 'sce-w2k12-exch.sceqa.com\sce-w2k12-exch_DB_2' -BackupId 341 -IsRecoverMount:$true -LogRestoreType ByTransactionLogs -LogCount 2

    この例では、セカンダリストレージのバックアップをプライマリストレージにリストアします。

    C:\ PS> Restore-SmBackup -PluginCode 'SCE' -AppObjectId 'DB2' -BackupId 81 -IsRecoverMount:$true -Confirm:$false
    -archive @{Primary="paw_vs:vol1";Secondary="paw_vs:vol1_mirror"} -logrestoretype All

    -archive パラメータを使用すると ' リストアに使用するプライマリ・ボリュームとセカンダリ・ボリュームを指定できます

    -IsRecoverMount:$true' パラメータを使用すると ' リストア後にデータベースをマウントできます

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"