日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースをリストアします

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

データ損失が発生した場合は、 SnapCenter を使用して 1 つ以上のバックアップからアクティブファイルシステムにデータをリストアし、そのあとにデータベースをリカバリできます。

  • このタスクについて *

リカバリは、設定したアーカイブログの場所にあるアーカイブログを使用して実行します。リカバリに必要なアーカイブログが設定済みの場所にない場合は、ログを含む Snapshot コピーをマウントし、外部アーカイブログとしてパスを指定する必要があります。

ASM データベースを ASMlib から ASMFD に移行する場合、 ASMlib で作成されたバックアップは、データベースのリストアには使用できません。ASMFD 構成にバックアップを作成し、これらのバックアップを使用してリストアする必要があります。同様に、 ASM データベースを ASMFD から ASMlib に移行する場合は、リストアする ASMlib 構成にバックアップを作成する必要があります。

データベースをリストアすると、データベースで複数の処理が実行されないように、 Oracle データベースホスト上に $ORACLE_HOME/dbs ディレクトリ内に処理ロックファイル( .SM_lock_dbsid )が作成されます。処理ロックファイルは、データベースのリストアが完了すると自動的に削除されます。

注記 SPFILE およびパスワード・ファイルのリストアはサポートされていません。
  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [ * 表示 ] リストから [ * データベース * ] または [ * リソースグループ * ] を選択します。

    3. データベースの詳細ビューまたはリソースグループの詳細ビューでデータベースを選択します。

      データベーストポロジのページが表示されます。

    4. Manage Copies (コピーの管理)ビューから、プライマリまたはセカンダリ(ミラーまたはレプリケートされた)ストレージシステムから * Backups (バックアップ) * を選択します。

    5. 表からバックアップを選択し、 * をクリックしますリストアアイコン*

    6. Restore Scope ページで、次のタスクを実行します。

      1. Real Application Clusters ( RAC )環境でデータベースのバックアップを選択した場合は、 RAC ノードを選択します。

      2. ミラーデータまたはバックアップデータを選択した場合:

        • ミラーまたはボルトにログバックアップがない場合、何も選択されず、ロケータは空です。

        • ミラーまたはバックアップにログバックアップが存在する場合は、最新のログバックアップが選択され、対応するロケータが表示されます。

          注記 選択したログバックアップがミラーとバックアップの場所の両方に存在する場合、両方のロケータが表示されます。
      3. 次の操作を実行します。

        リストアの対象 手順

        データベースのすべてのデータファイル

        「 * すべてのデータファイル * 」を選択します。

        データベースのデータファイルのみがリストアされます。制御ファイル、アーカイブログ、または REDO ログファイルはリストアされません。

        表領域

        [ * 表領域 * ] を選択します。

        リストアする表領域を指定できます。

        制御ファイル

        「 * 制御ファイル * 」を選択します。

        REDO ログファイル

        [ 再実行ログファイル ] を選択します。

        このオプションは、 Data Guard スタンバイデータベースまたは Active Data Guard スタンバイデータベースに対してのみ使用できます。

        注記 REDO ログファイルは、 Data Guard 以外のデータベースにはバックアップされません。Data Guard 以外のデータベースの場合、リカバリはアーカイブログを使用して実行されます。

        Pluggable Database ( PDB )

        Pluggable Database * を選択し、リストアする PDB を指定します。

        Pluggable Database ( PDB )の表領域

        Pluggable Database ( PDB ) tablespaces * を選択し、リストアする PDB とその PDB の表領域を指定します。

        このオプションは、リストア対象に PDB を選択した場合にのみ選択できます。

      4. リストアとリカバリに必要な場合は、「 * データベースの状態を変更」を選択して、データベースの状態をリストアとリカバリ処理の実行に必要な状態に変更します。

        データベースの状態は、高いレベルから順に、オープン、マウント済み、開始、シャットダウンがあります。リストア処理を実行するために、データベースの状態を高いレベルから低いレベルに変更する必要がある場合は、このチェックボックスをオンにします。リストア処理を実行するために、データベースの状態を低いレベルから高いレベルに変更する必要がある場合は、このチェックボックスをオンにしなくても自動的に状態が変更されます。

      データベースが OPEN 状態で、リストアのためにデータベースが MOUNTED 状態である必要がある場合、データベースの状態はこのチェックボックスをオンにした場合にのみ変更されます。

      1. バックアップ後に新しいデータファイルが追加された場合や、 LUN が LVM ディスクグループに追加、削除、再作成された場合にインプレースリストアを実行するには、 * Force in place restore * を選択します。

    7. Recovery Scope ページで、次のアクションを実行します。

      状況 手順

      最後のトランザクションまでリカバリする場合

      [ * すべてのログ * ] を選択します。

      特定の System Change Number ( SCN )までリカバリする場合

      [* Until SCN ( System Change Number ) ] を選択します。

      特定の日時までリカバリする必要がある

      [ * 日付と時刻 * ] を選択します。

      データベースホストのタイムゾーンの日付と時刻を指定する必要があります。

      リカバリが不要である場合

      「 * リカバリなし * 」を選択します。

      外部アーカイブログの場所を指定する

      外部アーカイブログの場所を指定する * を選択し、外部アーカイブログファイルの場所を指定します。

      バックアップの一環としてアーカイブログが削除される場合に、必要なアーカイブログのバックアップを手動でマウントしたときは、リカバリのために、マウントしたバックアップのパスを外部アーカイブログの場所として指定する必要があります。

      アーカイブログボリュームが保護されておらず、データボリュームが保護されている場合は、セカンダリバックアップからリカバリを伴うリストアを実行できません。リストアするには、「 * リカバリなし * 」を選択する必要があります。

      オープンデータベースオプションを選択して RAC データベースをリカバリする場合は、リカバリ処理が開始された RAC インスタンスのみがオープン状態に戻ります。

      注記 Data Guard スタンバイデータベースおよび Active Data Guard スタンバイデータベースでは、リカバリがサポートされません。
    8. PreOps ページで、リストア処理の前に実行するプリスクリプトのパスと引数を入力します。

      プリスクリプトは、 _ /var/opt/snapcenter /spl/scripts_path またはこのパス内の任意のフォルダに保存する必要があります。デフォルトでは、 /var/opt/snapcenter /spl/scripts_path が読み込まれます。スクリプトを保存するフォルダをこのパス内に作成してある場合は、パス内のそれらのフォルダを指定する必要があります。

      スクリプトのタイムアウト値を指定することもできます。デフォルト値は 60 秒です。

    9. PostOps ページで、次の手順を実行します。

      1. リストア処理のあとに実行するポストスクリプトのパスと引数を入力します。

        ポストスクリプトは、 _ /var/opt/snapcenter /spl/scripts_or のいずれか、このパス内の任意のフォルダに保存する必要があります。デフォルトでは、 /var/opt/snapcenter /spl/scripts_path が読み込まれます。スクリプトを保存するフォルダをこのパス内に作成してある場合は、パス内のそれらのフォルダを指定する必要があります。

      2. リカバリ後にデータベースを開く場合は、チェックボックスを選択します。

        リカバリ後にデータベースを開くように指定した場合は、制御ファイル付きまたは制御ファイルなしのコンテナデータベース( CDB )をリストアしたあと、または CDB 制御ファイルのみをリストアしたあとに CDB のみが開き、 CDB 内の Pluggable Database ( PDB )は開きません。

        RAC セットアップでは、リカバリに使用される RAC インスタンスのみがリカバリ後に開きます。

      注記 制御ファイル付きのユーザ表領域、制御ファイル付きまたは制御ファイルなしのシステム表領域、あるいは制御ファイル付きまたは制御ファイルなしの PDB をリストアすると、リストア処理に関連する PDB の状態のみが元の状態に変更されます。リストアに使用されなかった他の PDB の状態は保存されていないため、元の状態に変更されません。リストアに使用されなかった PDB の状態は、手動で変更する必要があります。
    10. [ 通知 ] ページの [ 電子メールの設定 *] ドロップダウンリストから、電子メール通知を送信するシナリオを選択します。

      また、送信者と受信者の E メールアドレス、および E メールの件名を指定する必要があります。実行したリストア処理のレポートを添付する場合は、 [ ジョブレポートの添付 ] を選択する必要があります。

    注記 E メール通知を利用する場合は、 GUI または PowerShell コマンド Set-SmtpServer を使用して、 SMTP サーバの詳細を指定しておく必要があります。
    1. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

    2. 操作の進行状況を監視するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。

  • 詳細はこちら *

  • "SnapCenter 処理では、 Oracle RAC One Node データベースがスキップされます"

  • "セカンダリの SnapMirror または SnapVault の場所からリストアできませんでした"

  • "孤立したインカネーションのバックアップからのリストアに失敗しました"

  • "AIX システムでのバックアップ、リストア、クローニングの各処理のパラメータをカスタマイズできます"