日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter サーバをアップグレードします

寄稿者 netapp-soumikd netapp-nsriram このページの PDF をダウンロード

SnapCenter サーバインストーラの実行ファイルを使用して、 SnapCenter サーバをアップグレードできます。

  • 必要なもの *

  • SnapCenter サーバホストは、 Windows アップデートが適用された最新の状態である必要があります。システムの再起動が保留されることはありません。

  • アップグレード処理を開始する前に、他の処理が実行されていないことを確認する必要があります。

  • ジョブが実行されていないことを確認したら、 SnapCenter リポジトリ( MySQL )データベースをバックアップする必要があります。

    詳細については、を参照してください "SnapCenter リポジトリをバックアップします"

  • SnapCenter サーバホストまたはプラグインホストで変更した SnapCenter 構成ファイルをすべてバックアップしておく必要があります。

    SnapCenter 構成ファイルの例: SnapDrive Service.exe.config 、 SMCoreServiceHost.exe.config など。

  • このタスクについて *

  • アップグレード中、ホストは自動的にメンテナンスモードになり、スケジュールされたジョブをホストが実行できなくなります。アップグレード後、ホストは自動的にメンテナンスモードから解除されます。

  • アップグレード操作を開始する前に、ホストを手動でメンテナンスモードにした場合は、アップグレード後に、 [Hosts>*Activate Schedule] をクリックして、ホストを手動でメンテナンスモードから解除する必要があります。

  • サポートされているアップグレードパス

    使用するポート 可能です

    4.0.x

    • 4.1.x または 4.2.x に直接アップグレードしてください

    • 4.3.x にアップグレードするには、まず 4.1.x または 4.2.x にアップグレードしてから、 4.3.x にアップグレードします

    • 4.4.x にアップグレードするには、まず 4.2.x にアップグレードしてから、 4.4.x にアップグレードします

    • 4.2.x にアップグレードしてから 4.4.x にアップグレードし、その後 4.5 にアップグレードします

    4.1.x

    • 4.2.x または 4.3.x に直接アップグレードします

    • 4.2.x または 4.3.x にアップグレードしてから、 4.4.x にアップグレードしてください

    • 4.3.x にアップグレードしてから 4.5 にアップグレードします

    4.2.x

    • 4.3.x または 4.4.x に直接アップグレードします

    • 4.3.x または 4.4.x にアップグレードしてから 4.5 にアップグレードします

    4.3.x

    4.4.x または 4.5 に直接アップグレードします

    4.4.x

    4.5 に直接アップグレードします

  • 手順 *

    1. ネットアップサポートサイトから SnapCenter サーバインストールパッケージをダウンロードします。

    2. C : \Program Files\NetApp\Virtual \SnapCenter WebApp にある Web.config のコピーを作成します。

    3. Windows タスクスケジュールからプラグインホストに関連する SnapCenter スケジュールをエクスポートして、アップグレードが失敗した場合にプラグインホストを使用してスケジュールをリストアできるようにします。

      「 cd d:\\SCBackup ’chtasks /quere/XML/TN TASKNAME>"D:\SCBackup\TASKNAME.xml" 」

    4. リポジトリのバックアップが設定されていない場合は、 SnapCenter MySQL データベースダンプを作成します。

      「 d:\\SCBackup````m ysqldump—​all-dtransaction—​add-drop-database --triggers—​events—​u root-p>D:\SCBackup\SCRepoBackup.dmp 」を参照してください

      プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

    5. ダウンロードした .exe ファイルをダブルクリックして、 SnapCenter Server のアップグレードを開始します。

      アップグレードを開始すると、すべての事前確認が実行され、最小要件が満たされていない場合には、対応するエラーまたは警告メッセージが表示されます。警告メッセージは無視してインストールを続行できます。ただし、エラーは修正する必要があります。

      注記 SnapCenter では、以前のバージョンの SnapCenter Server のインストール時に提供された既存の MySQL Server リポジトリデータベースのパスワードが引き続き使用されます。
    6. [* アップグレード ] をクリックします。

      どの段階でも、 Cancel ボタンをクリックすると、アップグレードワークフローがキャンセルされます。SnapCenter サーバを以前の状態にロールバックしません。

    * ベストプラクティス: * SnapCenter からログアウトしてログインするか、新しいブラウザを開いて SnapCenter GUI にアクセスしてください。

  • 終了後 *

  • sudo ユーザを使用してプラグインをインストールした場合は、 C : \ProgramData\NetApp\SnapCenter \Package Repository\ORACLE_checksum.txt にある sha224 キーをコピーして、 /etc/sudoers_file を更新します。

  • ホスト上のリソースの新規検出を実行する必要があります。

    ホストのステータスが stopped と表示される場合は、しばらく待ってから新しい検出を実行できます。また、 HostRefreshInterval パラメータの値(デフォルト値は 3600 秒)を 10 分を超える任意の値に変更することもできます。

  • アップグレードに失敗した場合は、失敗したインストールをクリーンアップし、以前のバージョンの SnapCenter を再インストールして、 NSM データベースを以前の状態にリストアする必要があります。

  • SnapCenter サーバホストをアップグレードしたあと、ストレージシステムを追加する前にプラグインもアップグレードする必要があります。