日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースをバックアップするための要件

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

Oracle データベースをバックアップする前に、前提条件を満たしていることを確認する必要があります。

  • ポリシーを適用したリソースグループを作成しておく必要があります。

  • セカンダリストレージとの SnapMirror 関係があるリソースをバックアップする場合、ストレージユーザに割り当てられた ONTAP ロールには「「 'SnapMirro all' 」権限を含める必要があります。ただし、「 vsadmin 」ロールを使用している場合、「 'SnapMirro all 」権限は必要ありません。

  • バックアップ処理で使用されるアグリゲートを、データベースが使用する Storage Virtual Machine ( SVM )に割り当てておく必要があります。

  • データベースでセカンダリ保護が有効になっている場合は、そのデータベースに属するすべてのデータボリュームとアーカイブログボリュームが保護されていることを確認しておく必要があります。

  • ASM ディスク・グループ上にファイルがあるデータベースが 'Oracle DBVERIFY ユーティリティを使用してバックアップを検証するには ' マウント状態またはオープン状態であることを確認しておく必要があります

  • ボリュームマウントポイントの長さが 240 文字を超えないことを確認しておく必要があります。

  • バックアップするデータベースが大容量( TB 単位)の場合は、 SnapCenter サーバホストで RESTTimeout の値を 86400000~in_C : \Program Files\NetApp\SMCore \SMCoreServiceHost.exe.config_file に増やしてください。

    値を変更するときに実行中のジョブがないことを確認し、値を増やしたあとに SnapCenter SMCore サービスを再起動します。