日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Exchange Server 用の PowerShell コマンドレットを使用して、ストレージシステム接続とクレデンシャルを作成します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

PowerShell コマンドレットを使用してバックアップとリストアを実行するには、 Storage Virtual Machine ( SVM )接続とクレデンシャルを作成する必要があります。

  • 必要なもの *

  • PowerShell コマンドレットを実行できるように PowerShell 環境を準備しておく必要があります。

  • ストレージ接続を作成するには、 Infrastructure Admin ロールに必要な権限が必要です。

  • プラグインのインストールが実行中でないことを確認してください。

    ホスト・プラグインのインストールは ' ストレージ・システム接続の追加中は実行しないでくださいホスト・キャッシュが更新されず ' データベース・ステータスが SnapCenter GUI に表示される場合がありますこれは ' バックアップには使用できませんまたは NetApp ストレージには使用できません

  • ストレージシステム名は一意である必要があります。

    SnapCenter では、異なるクラスタに同じ名前のストレージシステムを複数配置することはサポートされていません。SnapCenter でサポートされるストレージシステムには、それぞれ一意の名前およびデータ LIF の IP アドレスを割り当てる必要があります。

  • 手順 *

    1. 「 Open-SmConnection 」コマンドレットを使用して、 PowerShell 接続セッションを開始します。

      PowerShell セッションを開く例を次に示します。

      PS C:\> Open-SmConnection
    2. 「 Add-SmStorageConnection 」コマンドレットを使用して、ストレージシステムへの新しい接続を作成します。

      この例では、新しいストレージシステム接続を作成しています。

      PS C:\> Add-SmStorageConnection -SVM test_vs1 -Protocol Https
      -Timeout 60
    3. 「 Add-Credential 」コマンドレットを使用して、新しい Run As アカウントを作成します。

      次の例では、 Windows クレデンシャルを使用して ExchangeAdmin という名前の新しい Run As アカウントを作成します。

    PS C:> Add-SmCredential -Name ExchangeAdmin -AuthMode Windows
    -Credential sddev\administrator

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"