日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GUI を使用して、 Linux または AIX 用のホストを追加し、 Plug-ins Package をインストールします

寄稿者

ホストの追加ページを使用してホストを追加し、 SnapCenter Plug-ins Package for Linux または SnapCenter Plug-ins Package for AIX をインストールできます。プラグインは、自動的にリモートホストにインストールされます。

  • このタスクについて *

ホストの追加とプラグインパッケージのインストールは、個々のホストまたはクラスタに対して実行できます。クラスタ( Oracle RAC )にプラグインをインストールする場合は、クラスタのすべてのノードにプラグインがインストールされている必要があります。Oracle RAC One Node の場合、このプラグインはアクティブノードとパッシブノードの両方にインストールする必要があります。

SnapCenter Admin ロールなど、プラグインのインストールとアンインストールの権限があるロールが割り当てられている必要があります。

注記 SnapCenter サーバをプラグインホストとして別の SnapCenter サーバに追加することはできません。
  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * Hosts * (ホスト)をクリックします。

    2. 上部で [Managed Hosts] タブが選択されていることを確認します。

    3. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    4. Hosts ページで、次の操作を実行します。

      フィールド 手順

      ホストタイプ

      ホストタイプとして「 * Linux * 」または「 * AIX * 」を選択します。

      ホストが追加され、 Plug-in for Oracle Database と Plug-in for UNIX がホストにインストールされていない場合はインストールされます。 SnapCenter

      ホスト名

      ホストの完全修飾ドメイン名( FQDN )または IP アドレスを入力します。

      SnapCenter は、 DNS の適切な設定によって異なります。そのため、 FQDN を入力することを推奨します。

      次のいずれかの IP アドレスまたは FQDN を入力できます。

      • スタンドアロンホスト

      • Oracle Real Application Clusters ( RAC )環境内の任意のノード

        注記 ノード VIP や SCAN IP はサポートされていません

        SnapCenter を使用してホストを追加する際、ホストがサブドメインの一部である場合は、 FQDN を指定する必要があります。

      クレデンシャル

      作成したクレデンシャル名を選択するか、新しいクレデンシャルを作成します。

      このクレデンシャルには、リモートホストに対する管理者権限が必要です。詳細については、クレデンシャルの作成に関する情報を参照してください。

      クレデンシャルの詳細を表示するには、指定したクレデンシャル名にカーソルを合わせます。

      注記 クレデンシャル認証モードは、ホストの追加ウィザードで指定したホストタイプによって決まります。
    5. インストールするプラグインの選択セクションで、インストールするプラグインを選択します。

    6. (オプション) * その他のオプション * をクリックします。

      フィールド 手順

      ポート

      デフォルトのポート番号をそのまま使用するか、ポート番号を指定します。

      デフォルトのポート番号は 8145 です。SnapCenter サーバがカスタムポートにインストールされている場合は、そのポート番号がデフォルトポートとして表示されます。

      注記 プラグインを手動でインストールし、カスタムポートを指定した場合は、同じポートを指定する必要があります。そうしないと、処理は失敗します。

      インストールパス

      デフォルトパスは、 _/opt/NetApp/snapcenter _ です。

      必要に応じて、パスをカスタマイズできます。

      Oracle RAC のすべてのホストを追加します

      Oracle RAC のすべてのクラスタノードを追加するには、このチェックボックスを選択します。

      Flex ASM セットアップでは、ハブノードとリーフノードのどちらであるかに関係なく、すべてのノードが追加されます。

      インストール前のチェックをスキップします

      プラグインを手動でインストール済みで、プラグインのインストール要件をホストが満たしているかどうかを検証しない場合は、このチェックボックスを選択します。

    7. [Submit (送信) ] をクリックします。

      [ 事前確認をスキップする ] チェックボックスを選択していない場合、ホストがプラグインのインストール要件を満たしているかどうかを検証されます。

      注記 ファイアウォールの拒否ルールで指定されているプラグインポートのファイアウォールステータスは、事前確認スクリプトで検証されません。

      最小要件を満たしていない場合は、該当するエラーまたは警告メッセージが表示されます。エラーがディスクスペースまたは RAM に関連している場合は、 C : \Program Files\NetApp\Virtual \SnapCenter WebApp にある web.config ファイルを更新してデフォルト値を変更できます。エラーが他のパラメータに関連する場合は、問題を修正する必要があります。

      注記 HA セットアップで web.config ファイルを更新する場合は、両方のノードでファイルを更新する必要があります。
    8. 指紋を確認し、 * 確認して送信 * をクリックします。

      クラスタセットアップでは、クラスタ内の各ノードのフィンガープリントを検証する必要があります。

      注記 SnapCenter は ECDSA アルゴリズムをサポートしていません。
    注記 同じホストを以前に SnapCenter に追加し、フィンガープリントを確認した場合でも、フィンガープリントの検証は必須です。
    1. インストールの進行状況を監視します。

      インストール固有のログファイルは、 _ / custom_location / snapcenter / log_ にあります。

  • 終了後 *

ホスト上のすべてのデータベースが自動的に検出され、リソースページに表示されます。何も表示されない場合は、 * リソースを更新 * をクリックします。

インストールステータスを監視する

SnapCenter プラグインパッケージのインストールの進捗状況は、 Jobs ページで監視できます。インストールの進捗状況をチェックして、インストールが完了するタイミングや問題があるかどうかを確認できます。

  • このタスクについて *

以下のアイコンがジョブページに表示され、操作の状態を示します。

  • 実行中のアイコン 実行中です

  • 完了アイコン 正常に完了しました

  • 失敗したアイコン 失敗しました

  • 警告アイコンが表示されています 警告で終了したか、警告が原因で起動できませんでした

  • 検証ジョブをキューに格納します キューに登録され

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 Monitor をクリックします。

    2. [ モニター ] ページで、 [ * ジョブ * ] をクリックします。

    3. [ ジョブ ] ページで、プラグインのインストール操作だけが表示されるようにリストをフィルタリングするには、次の手順を実行します。

      1. [* フィルタ * ( Filter * ) ] をクリック

      2. オプション:開始日と終了日を指定します。

      3. タイプドロップダウンメニューから、 * プラグインインストール * を選択します。

      4. Status ドロップダウンメニューから、インストールステータスを選択します。

      5. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

    4. インストールジョブを選択し、 [ * 詳細 * ] をクリックしてジョブの詳細を表示します。

    5. [ ジョブの詳細 ] ページで、 [ * ログの表示 * ] をクリックします。