日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストを追加して SnapCenter Plug-in for Microsoft Exchange Server をインストールするための前提条件

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ホストを追加してプラグインパッケージをインストールする前に、すべての要件を満たしておく必要があります。

  • iSCSI を使用している場合は、 iSCSI サービスが実行されている必要があります。

  • ローカル管理者権限を持つドメインユーザがあり、リモートホストに対してローカルログイン権限が付与されている必要があります。

  • スタンドアロン構成およびデータベース可用性グループ構成で Microsoft Exchange Server 2013 、 2016 、または 2019 を使用している必要があります。

  • Windows ホストにプラグインをインストールする場合、ビルトインでないクレデンシャルを指定する場合、またはユーザがローカルワークグループユーザに属している場合は、ホストで UAC を無効にする必要があります。

  • SnapCenter でクラスタノードを管理する場合は、クラスタ内のすべてのノードに対する管理者権限を持つユーザが必要です。

  • Exchange Server に対する管理者権限を持つユーザが必要です。

  • SnapManager for Microsoft Exchange Server および SnapDrive for Windows がすでにインストールされている場合は、 SnapDrive を使用してデータを確実に保護するために、同じ Exchange サーバに Plug-in for Exchange をインストールする前に、 SnapCenter for Windows で使用する VSS ハードウェアプロバイダの登録を解除する必要があります。

  • SnapManager for Microsoft Exchange Server と Plug-in for Exchange が同じサーバにインストールされている場合は、 SnapManager for Microsoft Exchange Server で作成されたすべてのスケジュールを Windows スケジューラから一時停止または削除する必要があります。

  • ホストがサーバから完全修飾ドメイン名( FQDN )に解決できる必要があります。hosts ファイルが解決可能になるように変更され、短縮名と FQDN の両方が hosts ファイルに指定されている場合は、 SnapCenter hosts ファイルに次の形式でエントリを作成します: _<IP_address> <host_fqdn><host_name> _ 。

  • 次のポートがファイアウォールでブロックされていないことを確認してください。ブロックされていないとホストの追加操作が失敗します。この問題を解決するには、ダイナミックポート範囲を設定する必要があります。詳細については、を参照してください "Microsoft のドキュメント"

    • Windows 2016 および Exchange 2016 のポート範囲 50000 ~ 51000

    • Windows Server 2012 R2 および Exchange 2013 用のポート範囲 6000-6500

    • Windows 2019 のポート範囲は 49152~65536 です

注記

ポート範囲を特定するには、次のコマンドを実行します。

  • netsh int ipv4 show dynamicport tcp

  • netsh int ipv4 show dynamicport udp

  • netsh int ipv6 show dynamicport tcp を実行します

  • netsh int ipv6 show dynamicport udp

SnapCenter Plug-ins Package for Windows をインストールするホストの要件

SnapCenter Plug-ins Package for Windows をインストールする前に、ホストシステムのいくつかの基本的なスペース要件とサイジング要件を確認しておく必要があります。

項目 要件

オペレーティングシステム

Microsoft Windows の場合

サポートされているバージョンの最新情報については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

ホスト上の SnapCenter プラグインの最小 RAM

1 GB

ホスト上の SnapCenter プラグインのインストールおよびログの最小スペース

5 GB

注記 十分なディスクスペースを割り当て、 logs フォルダによるストレージ消費を監視する必要があります。必要なログスペースは、保護するエンティティの数とデータ保護処理の頻度によって異なります。十分なディスクスペースがない場合、最近実行した処理に対してログは作成されません。

必要なソフトウェアパッケージ

  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降

  • Windows Management Framework ( WMF ) 4.0 以降

  • PowerShell 4.0 以降

サポートされているバージョンの最新情報については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

Exchange Server の権限が必要です

SnapCenter で Exchange サーバまたは DAG を追加し、ホストまたは DAG に SnapCenter Plug-in for Microsoft Exchange Server をインストールできるようにするには、最小限の権限と権限を持つユーザのクレデンシャルを SnapCenter に設定する必要があります。

ローカル管理者の権限を持つドメインユーザと、リモート Exchange ホストに対するローカルログイン権限、および DAG 内のすべてのノードに対する管理権限を持つドメインユーザが必要です。ドメインユーザには、次の最小権限が必要です。

  • Add-MailboxDatabaseCopy を追加します

  • dismount - データベース

  • Get-AdServerSettings

  • Get-DatabaseAvailabilityGroup 」を参照してください

  • Get-ExchangeServer

  • MailboxDatabase を取得します

  • Get-MailboxDatabaseCopyStatus

  • Get-MailboxServer

  • Get-MailboxStatistics を実行します

  • Get-PublicFolderDatabase を参照してください

  • MOVE - ActiveMailboxDatabase

  • move-DatabasePath-ConfigurationOnly:$true

  • mount - データベース

  • New-MailboxDatabase

  • 新規 - PublicFolderDatabase

  • MailboxDatabase を削除します

  • MailboxDatabaseCopy を削除します

  • -PublicFolderDatabase を削除します

  • 履歴書 -MailboxDatabaseCopy

  • 「設定」 - 「サーバ設定

  • MailboxDatabase-allowfilerestore を $true に設定します

  • MailboxDatabaseCopy を設定します

  • 「 - PublicFolderDatabase 」を設定します

  • Suspend-MailboxDatabaseCopy を実行します

  • Update-MailboxDatabaseCopy

Windows Server 2012 以降で gMSA を構成します

SnapCenter Plug-ins Package for Windows をインストールする前に、ホストシステムのいくつかの基本的なスペース要件とサイジング要件を確認しておく必要があります。

項目 要件

オペレーティングシステム

Microsoft Windows の場合

サポートされているバージョンの最新情報については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

ホスト上の SnapCenter プラグインの最小 RAM

1 GB

ホスト上の SnapCenter プラグインのインストールおよびログの最小スペース

5 GB

注記 十分なディスクスペースを割り当て、 logs フォルダによるストレージ消費を監視する必要があります。必要なログスペースは、保護するエンティティの数とデータ保護処理の頻度によって異なります。十分なディスクスペースがない場合、最近実行した処理に対してログは作成されません。

必要なソフトウェアパッケージ

  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降

  • Windows Management Framework ( WMF ) 4.0 以降

  • PowerShell 4.0 以降

サポートされているバージョンの最新情報については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"