日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell コマンドレットを使用して Exchange バックアップを削除します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Remove-SmBackup コマンドレットを使用すると、他のデータ保護処理に Exchange バックアップが不要になった場合に Exchange バックアップを削除できます。

PowerShell コマンドレットを実行できるように PowerShell 環境を準備しておく必要があります。

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"

  • 手順 *

    1. Open-SmConnection コマンドレットを使用して、指定したユーザの SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します。

      Open-SmConnection  -SMSbaseurl  https://snapctr.demo.netapp.com:8146/
    2. Remove-SmBackup' コマンドレットを使用して 1 つ以上のバックアップを削除します

      この例では、バックアップ ID を指定してバックアップを 2 つ削除しています。

    Remove-SmBackup -BackupIds 3,4
    Remove-SmBackup
    Are you sure want to remove the backup(s).
    [Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"):