日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

手動で追加したリソースバックアップをリストアおよびリカバリする

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter を使用して、 1 つ以上のバックアップからデータをリストアおよびリカバリできます。

  • 必要なもの *

  • リソースまたはリソースグループをバックアップしておく必要があります。

  • リストアするリソースまたはリソースグループに対して現在実行中のバックアップ処理がある場合は、すべてキャンセルしておく必要があります。

  • このタスクについて *

  • ファイルベースのバックアップのコピーを SnapCenter からリストアすることはできません。

  • SnapCenter 4.3 にアップグレードすると、 SnapCenter 4.2 で作成されたバックアップはリストアできますが、リカバリすることはできません。SnapCenter 4.2 で作成されたバックアップをリカバリするには、 SnapCenter の外部で HANA Studio または HANA リカバリスクリプトを使用する必要があります。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [* リソース ] ページで、リソースタイプに基づいて [*View] ドロップダウンリストからリソースをフィルタリングします。

      リソースは、タイプ、ホスト、関連付けられているリソースグループとポリシー、およびステータスとともに表示されます。

      注記 リストアの実行時は、バックアップがリストアグループのものであっても、リストア対象のリソースを個別に選択する必要があります。

      リソースが保護されていない場合は ' 保護されていないというメッセージが [ 全体のステータス ] 列に表示されますこれは、リソースが保護されていないこと、またはリソースが別のユーザによってバックアップされていることを意味します。

    3. リソースを選択するか、リソースグループを選択してそのグループ内のリソースを選択します。

      リソースのトポロジページが表示されます。

    4. Manage Copies (コピーの管理)ビューから、プライマリまたはセカンダリ(ミラーまたはバックアップ)ストレージシステムから * Backups (バックアップ)を選択します。

    5. [ プライマリ・バックアップ ] テーブルで、リストア元のバックアップを選択し、 [ * ] をクリックしますリストアアイコン*

      リソースのリストア
    6. [ * リストア範囲 * ] ページで、 [ * リソース全体 ] または [ * ファイルレベル * ] を選択します。

      1. Complete Resource * を選択すると、 SAP HANA データベースに設定されているすべてのデータボリュームがリストアされます。

        リソースにボリュームまたは qtree が含まれている場合、そのボリュームまたは qtree でリストア対象として選択された Snapshot コピーのあとに作成された Snapshot コピーは削除され、リカバリすることはできません。また、同じボリュームまたは qtree で他のリソースがホストされている場合、そのリソースも削除されます。

      2. 「 * ファイルレベル * 」を選択した場合は、「 * すべて * 」を選択するか、特定のボリュームまたは qtree を選択してから、それらのボリュームまたは qtree に関連するパスをカンマで区切って入力できます

        • ボリュームと qtree は複数選択できます。

        • リソースタイプが LUN の場合は、 LUN 全体がリストアされます。

          LUN は複数選択できます。

    注記 「 * all * 」を選択すると、ボリューム、 qtree 、または LUN 上のすべてのファイルがリストアされます。
    1. リストア・ジョブを実行する前に実行するプリ・リストアおよびアンマウント・コマンドを、 [*Pre ops *] ページで入力します。

      自動検出されたリソースにはアンマウントコマンドを使用できません。

    2. [*Post ops *] ページで、 mount コマンドおよび post restore コマンドを入力して、リストア・ジョブの実行後に実行します。

      自動検出されたリソースに対しては、 mount コマンドを使用できません。

    3. [Notification] ページの [*Email preference] ドロップダウンリストから、電子メールを送信するシナリオを選択します。

      また、送信者と受信者の E メールアドレスと E メールの件名を指定する必要があります。また、 [* 設定 * ( Settings * ) ] > [* グローバル設定 * ( * Global Settings * ) ] ページでも SMTP を設定する必要があります。

    4. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

    5. 操作の進行状況を監視するには、 * Monitor * > * Jobs * をクリックします。