日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セカンダリストレージから SQL Server データベースをリストアする

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

セカンダリストレージシステム上の物理 LUN ( RDM 、 iSCSI 、または FCP )から、バックアップされた SQL Server データベースをリストアすることができます。リストアは段階的に実施され、すべてのデータとログページがセカンダリストレージシステム上の指定した SQL Server バックアップから指定したデータベースにコピーされます。

  • 必要なもの *

  • プライマリストレージシステムからセカンダリストレージシステムに Snapshot コピーをレプリケートしておく必要があります。

  • SnapCenter サーバおよびプラグインホストがセカンダリストレージシステムに接続できることを確認する必要があります。

  • リストア・ウィザードの各ページのフィールドのほとんどについては、基本的なリストア・プロセスで説明しています。以下の手順では、説明が必要な一部のフィールドを取り上げます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 [* リソース ] をクリックし、リストから [ SnapCenter Plug-in for SQL Server] を選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [ * 表示 ] ドロップダウン・リストから [ * データベース * ] または [ * リソース・グループ * ] を選択します。

    3. データベースまたはリソースグループを選択します。

      データベースまたはリソースグループのトポロジページが表示されます。

    4. [ コピーの管理 ] セクションで、セカンダリ・ストレージ・システム(ミラーまたはバックアップ)から * バックアップ * を選択します。

    5. リストからバックアップを選択し、をクリックします リストアアイコン

    6. [* 場所 *] ページで、選択したリソースを復元する宛先ボリュームを選択します。

    7. リストア・ウィザードを完了し ' 概要を確認してから '[* 終了 *] をクリックします

他のデータベースが共有している別のパスにデータベースをリストアした場合は、フルバックアップとバックアップ検証を実行して、リストアしたデータベースが物理レベルで破損していないことを確認してください。