日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

接続とポートの要件

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

SnapCenter サーバとアプリケーションまたはデータベースのプラグインをインストールする前に、接続とポートの要件が満たされていることを確認する必要があります。

  • アプリケーションはポートを共有できません。

    各ポートは、適切なアプリケーション専用にする必要があります。

  • デフォルトのポートを使用しない場合は、インストール時にカスタムポートを選択できます。

    プラグインポートは、インストール後にホストの変更ウィザードを使用して変更できます。

  • 固定ポートの場合は、デフォルトのポート番号を受け入れる必要があります。

  • ファイアウォール

    • ファイアウォール、プロキシ、またはその他のネットワークデバイスが接続を妨げないようにしてください。

    • SnapCenter のインストール時にカスタムポートを指定した場合は、プラグインホストに、 SnapCenter Plug-in Loader のそのポート用のファイアウォールルールを追加する必要があります。

次の表に、各ポートとそのデフォルト値を示します。

ポートのタイプ デフォルトのポート

SnapCenter ポート

8146 ( HTTPS )、双方向、カスタマイズ可能。 URL は、 https://server:8146_ を参照してください

SnapCenter クライアント( SnapCenter ユーザ)と SnapCenter サーバ間の通信に使用されます。プラグインホストから SnapCenter サーバへの通信にも使用されます。

SnapCenter SMCore の通信ポート

8145 ( HTTPS )、双方向、カスタマイズ可能

このポートは、 SnapCenter サーバと SnapCenter プラグインがインストールされているホストの間の通信に使用されます。

MySQL ポート

3306 ( HTTPS )、双方向

このポートは、 SnapCenter と MySQL リポジトリデータベースの間の通信に使用されます。

SnapCenter サーバから MySQL サーバへのセキュアな接続を作成できます。 "詳細はこちら。"

Windows プラグインホスト

135 、 445 ( TCP )

ポート 135 および 445 に加え、 Microsoft が指定したダイナミックポート範囲も開いている必要があります。リモートインストール操作では、このポート範囲を動的に検索する Windows Management Instrumentation ( WMI )サービスを使用します。

サポートされているダイナミックポート範囲については、を参照してください "Windows のサービス概要とネットワークポート要件"

ポートは、 SnapCenter サーバとプラグインをインストールするホストとの間の通信に使用されます。プラグインパッケージのバイナリを Windows プラグインホストにプッシュするには、プラグインホストでのみポートを開く必要があります。このポートはインストール後に閉じることができます。

Linux または AIX プラグインホスト

22 ( SSH )

ポートは、 SnapCenter サーバとプラグインをインストールするホストとの間の通信に使用されます。プラグインパッケージのバイナリを Linux または AIX プラグインのホストにコピーするために SnapCenter で使用されます。これらのポートを開いておくか、ファイアウォールまたは iptables から除外しておく必要があります。

SnapCenter Plug-ins Package for Windows 、 SnapCenter Plug-ins Package for Linux または SnapCenter Plug-ins Package for AIX のいずれかです

8145 ( HTTPS )、双方向、カスタマイズ可能

ポートは、 SMCore とプラグインパッケージがインストールされているホストの間の通信に使用されます。

通信パスも、 SVM 管理 LIF と SnapCenter サーバの間で開いている必要があります。

SnapCenter Plug-in for Oracle Database

27216 、カスタマイズ可能

デフォルトの JDBC ポートは、 Oracle データベースに接続するためにプラグイン for Oracle で使用されます。

SnapCenter 用のカスタムプラグイン

9090 ( HTTPS )、固定

これはカスタムプラグインホストでのみ使用される内部ポートで、ファイアウォールの例外は不要です。

SnapCenter サーバとカスタムプラグイン間の通信はポート 8145 を介してルーティングされます。

ONTAP クラスタまたは SVM の通信ポート

443 ( HTTPS )、双方向 80 ( HTTP )、双方向

このポートは、 SnapCenter サーバを実行するホストと SVM の間の通信に SAL (ストレージ抽象化レイヤ)で使用されます。現時点では、 SnapCenter プラグインホストと SVM の間の通信に、 SnapCenter for Windows プラグインホストの SAL でもポートが使用されています。

SnapCenter Plug-in for SAP HANA Database のポート

3instance_number13 または 3instance_number15 、 HTTP または HTTPS 、双方向、カスタマイズ可能です

マルチテナントデータベースコンテナ( MDC )のシングルテナントの場合は、ポート番号は 13 で終わり、 MDC 以外の場合はポート番号は 15 で終わります。

たとえば、 32013 はインスタンス 20 のポート番号で、 31015 はインスタンス 10 のポート番号です。

ドメインコントローラの通信ポート

認証が適切に機能するために、 Microsoft のマニュアルを参照して、ドメインコントローラのファイアウォールで開く必要があるポートを確認してください。

SnapCenter サーバ、プラグインホスト、またはその他の Windows クライアントがユーザを認証できるように、ドメインコントローラで Microsoft の必要なポートを開く必要があります。