日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle データベースをクローニングするための要件

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

Oracle データベースをクローニングする前に、前提条件を満たしていることを確認する必要があります。

  • SnapCenter を使用してデータベースのバックアップを作成しておく必要があります。

    クローニング処理が成功するためには、オンラインデータバックアップとログバックアップ、またはオフライン(マウントまたはシャットダウン)バックアップが正常に作成されている必要があります。

  • 制御ファイルまたは REDO ログファイルのパスをカスタマイズする場合は、必要なファイルシステムまたは Automatic Storage Management ( ASM )ディスクグループを事前にプロビジョニングしておく必要があります。

    デフォルトでは、クローンデータベースの REDO ログおよび制御ファイルは、 ASM ディスクグループ、またはクローンデータベースのデータファイル用に SnapCenter でプロビジョニングされたファイルシステムに作成されます。

  • NFS 経由で ASM を使用している場合は、 ASM_diskstring パラメータで定義された既存のパスに /var/opt/snapcenter /scu/clones/*/*_ を追加する必要があります。

  • ASM_diskstring パラメータで、 ASMFD または configure _ORCL : * _ を使用する場合は、 _ AFD : * _ を設定します。

    asm_diskstring パラメータの編集方法については、を参照してください "asm_diskstring にディスクパスを追加する方法"

  • 代替ホストでクローンを作成する場合、代替ホストは次の要件を満たす必要があります。

    • SnapCenter Plug-in for Oracle Database を代替ホストにインストールする必要があります。

    • クローンホストは、プライマリストレージまたはセカンダリストレージから LUN を検出できる必要があります。

      • プライマリストレージまたはセカンダリ(バックアップまたはミラー)ストレージから代替ホストにクローニングする場合は、セカンダリストレージと代替ホストの間に iSCSI セッションが確立されているか、 FC 用に適切にゾーニングされていることを確認してください。

      • バックアップ・ストレージまたはミラー・ストレージから同じホストにクローニングする場合は、バックアップまたはミラー・ストレージとホストの間に iSCSI セッションが確立されているか、 FC 用に適切にゾーニングされているかを確認してください。

      • 仮想環境でクローニングを行う場合は、プライマリストレージまたはセカンダリストレージと、代替ホストをホストする ESX サーバの間で iSCSI セッションが確立されていること、または FC 用に適切にゾーニングされていることを確認してください。

    • ソースデータベースが ASM データベースの場合は、次の手順を実行します。

      • クローンを実行するホスト上で、 ASM インスタンスが稼働している必要があります。

      • クローニングされたデータベースのアーカイブログファイルを専用の ASM ディスクグループに配置する場合は、クローン処理の前に ASM ディスクグループをプロビジョニングする必要があります。

      • データディスクグループの名前は設定できますが、クローンを実行するホスト上の他の ASM ディスクグループでは名前が使用されないようにしてください。

        ASM ディスクグループにあるデータファイルは、 SnapCenter のクローニングワークフローの一環としてプロビジョニングされます。

  • データ LUN の保護タイプと、ミラー、バックアップ、ミラー - ヴォールトなどのログ LUN は、ログバックアップを使用して代替ホストへのクローニング中にセカンダリロケータを検出するために同じである必要があります。

  • 12_c_c_database のバックアップをクローニングするためのシード PDB 関連情報を取得するには、ソースデータベースのパラメータファイルで exclude_seed_cdb_view の値を FALSE に設定する必要があります。

    シード PDB とは、 CDB が PDB を作成する際に使用する、システム付属のテンプレートです。シード PDB の名前は PDB$SEED です。PDB$SEED については、 Oracle Doc ID 1940806.1 を参照してください。

    注記 この値は、 12_c_database をバックアップする前に設定する必要があります。
  • SnapCenter は 'autofs サブシステムによって管理されるファイル・システムのバックアップをサポートしますデータベースを複製する場合は ' データ・マウント・ポイントが autofs マウント・ポイントのルートにないことを確認してくださいこれは ' プラグイン・ホストのルート・ユーザには 'autofs マウント・ポイントのルートの下にディレクトリを作成する権限がないためです

    制御ログファイルと REDO ログファイルがデータマウントポイントにある場合は、制御ファイルのパスを変更し、それに応じてログファイルのパスをやり直す必要があります。

    注記 新しいクローン・マウント・ポイントを 'autofs サブシステムに手動で登録できます新しいクローンマウントポイントは自動的には登録されません。
  • TDE (自動ログイン)を使用していて、同じホストまたは代替ホスト上にデータベースのクローンを作成する場合は、 /etc/oracle/ウォ レット /$ORACLE_SID_ の下にあるウォレット(キーファイル)をソースデータベースからクローンデータベースにコピーする必要があります。

  • Oracle Linux 7 以降または Red Hat Enterprise Linux ( RHEL ) 7 以降の Storage Area Network ( SAN ;ストレージエリアネットワーク)環境でのクローニングを正常に実行するには、の値として、 /etc/lvm/lvmlvm/lvmmetad=0 を設定し、 lvm2-lvmetad サービスを停止する必要があります。

  • Oracle データベース 11.2.0.3 以降を使用していて、 NID スクリプトを使用して補助インスタンスのデータベース ID を変更している場合は、 13366202 Oracle パッチをインストールする必要があります。

  • ボリュームをホストするアグリゲートが Storage Virtual Machine ( SVM )に割り当てられたアグリゲートリストに含まれていることを確認する必要があります。