日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SQL Server のクローニング戦略を定義する

寄稿者 netapp-soumikd netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

クローニング戦略を定義しておくと、それに従ってデータベースのクローニングを実行することができます。

  1. クローニング処理に関する制限事項を確認します。

  2. 必要なクローンのタイプを決定します。

クローニング処理の制限事項

データベースをクローニングする前に、クローニング処理の制限事項を確認しておく必要があります。

  • Oracle 11.2.0.4 ~ 12.1.0.1 のいずれかのバージョンを使用している場合、 _renamedg_command の実行時にクローン操作がハング状態になります。この問題を修正するには、 Oracle パッチ 19544733 を適用します。

  • ホストに直接接続された LUN ( Windows ホストで Microsoft iSCSI イニシエータを使用した場合など)から、同じ Windows ホストまたは別の Windows ホスト上の VMDK または RDM LUN に、あるいはその逆に、データベースをクローニングすることはできません。

  • ボリュームマウントポイントのルートディレクトリを共有ディレクトリにすることはできません。

  • クローンが含まれている LUN を新しいボリュームに移動した場合、そのクローンは削除できません。

クローニング処理のタイプ

SnapCenter を使用して、 SQL Server データベースのバックアップまたは本番環境のデータベースをクローニングすることができます。

  • データベースバックアップからのクローニング

    クローンデータベースは、新しいアプリケーションを開発する場合のベースラインとして使用でき、本番環境で発生したアプリケーションエラーの切り分けにも役立ちます。データベースのソフトエラーからのリカバリにも使用できます。

  • クローンのライフサイクル

    SnapCenter を使用して、本番環境のデータベースがビジー状態でないときに定期的なクローニングジョブをスケジュール設定できます。