日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

個々の SQL Server リソースのクレデンシャルを設定する

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

クレデンシャルを設定して、各ユーザに対して個々の SQL Server リソースに対してデータ保護ジョブを実行することができます。クレデンシャルはグローバルに設定することもできますが、必要に応じて特定のリソースに対してのみ設定することもできます。

  • このタスクについて *

  • Windows クレデンシャルを認証に使用している場合は、プラグインのインストール前にクレデンシャルを設定する必要があります。

    ただし、 SQL Server インスタンスを認証に使用している場合は、プラグインのインストール後にクレデンシャルを追加する必要があります。

  • クレデンシャルの設定時に SQL 認証を有効にしている場合は、検出されたインスタンスまたはデータベースに赤色の南京錠のアイコンが表示されます。

    南京錠のアイコンが表示された場合は、インスタンスまたはデータベースのクレデンシャルを指定して、インスタンスまたはデータベースをリソースグループに追加する必要があります。

  • 次の条件に該当する場合、 sysadmin アクセスがないロールベースアクセス制御( RBAC )ユーザにクレデンシャルを割り当てる必要があります。

    • SQL インスタンスに資格情報が割り当てられます。

    • SQL インスタンスまたはホストが RBAC ユーザに割り当てられている。

      ユーザには、リソースグループとバックアップ権限の両方が必要です

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * 設定 * をクリックします。

    2. [* 設定 * ( * Settings * ) ] ページで、 [* 資格情報 * ( * Credential * ) ] を

    3. 新しい資格情報を追加するには、 * New * をクリックします。

    4. [* Credential * ] ページで、クレデンシャルを設定します。

      フィールド 手順
      • 資格情報名 *

      クレデンシャルの名前を入力します。

      • ユーザー名 *

      SQL Server 認証に使用するユーザ名を入力します。

      • ドメイン管理者または管理者グループの任意のメンバーは、 SnapCenter プラグインをインストールするシステムのドメイン管理者または管理者グループの任意のメンバーを指定します。[Username] フィールドの有効な形式は次のとおりです。

        • NETBIOS_USERNAME_

        • _ ドメイン FQDN\ ユーザ名 _

      • ローカル管理者(ワークグループの場合のみ)ワークグループに属するシステムの場合は、 SnapCenter プラグインをインストールするシステムに組み込みのローカル管理者を指定します。ユーザアカウントに昇格された権限がある場合、またはホストシステムでユーザアクセス制御機能が無効になっている場合は、ローカル管理者グループに属するローカルユーザアカウントを指定できます。[* ユーザー名 *] フィールドの有効な形式は、 username です

      • パスワード *

      認証に使用するパスワードを入力します。

      • 認証モード *

      SQL Server 認証モードを選択します。SQL Server に対する sysadmin 権限がある Windows ユーザの場合は、 Windows 認証を選択することもできます。

      • ホスト *

      ホストを選択します。

      • SQL Server インスタンス *

      SQL Server インスタンスを選択します。

    5. [OK] をクリックしてクレデンシャルを追加します。

    6. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックします。

    7. [ * リソース * ] ページで、 [ * 表示 * ] リストから [ * インスタンス * ] を選択します。

      1. をクリックします をクリックし、ホスト名を選択してインスタンスをフィルタリングします。

      2. をクリックします をクリックしてフィルタペインを閉じます。

    8. [* Instance Protect* (インスタンス保護) ] ページで、インスタンスを保護し、必要に応じて、 [ クリデンシャルの設定 * ( Configure Credentials * ) ] をクリックします。

      SnapCenter サーバにログインしているユーザが SnapCenter プラグイン for Microsoft SQL Server にアクセスできない場合は、そのユーザがクレデンシャルを設定する必要があります。

    注記 クレデンシャルオプションは、データベースおよび可用性グループには適用されません。
    1. [ リソースの更新 ] をクリックします。