Skip to main content
SnapCenter Software 5.0
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows ファイルシステムのリソースグループを作成する

共同作成者

リソースグループとは、保護する複数のファイルシステムを追加できるコンテナです。リソースグループに 1 つ以上のポリシーを適用して実行するデータ保護ジョブのタイプを定義し、バックアップスケジュールを指定することも必要です。

このタスクについて
  • ONTAP 9.12.1以前のバージョンでは、リストアの一環としてSnapLockヴォールトSnapshotコピーから作成されたクローンにSnapLockヴォールトの有効期限が継承されます。SnapLockの有効期限が過ぎた時点で、ストレージ管理者がクローンを手動でクリーンアップする必要があります。

  • SM-BCのない新しいファイルシステムを、SM-BCのリソースを含む既存のリソースグループに追加することはできません。

  • SM-BCのフェイルオーバーモードで既存のリソースグループに新しいファイルシステムを追加することはできません。リソースグループにリソースを追加できるのは、通常の状態またはフェイルバック状態のみです。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

  2. リソースページで、リストから * ファイルシステム * を選択します。

    メモ 最近 SnapCenter にファイルシステムを追加した場合は、 [* リソースを更新 * ( Refresh Resources ) ] をクリックして、新しく追加されたリソースを表示します。
  3. [New Resource Group] をクリックします。

  4. ウィザードの [ 名前 ] ページで、次の操作を実行します。

    フィールド 手順

    名前

    リソースグループ名を入力します。

    メモ リソースグループ名は 250 文字以内にする必要があります。

    Snapshot コピーには、カスタムの名前形式を使用します

    オプション: Snapshot コピー名のカスタムの名前形式を入力します。

    たとえば、 customtext_resourcegroup_policy_hostname や resourcegroup_hostname などの形式です。デフォルトでは、 Snapshot コピー名の後ろにタイムスタンプが追加されます。

    タグ( Tag )

    リソースグループを検索するときに役立つわかりやすいタグを入力します。

  5. Resources ページで、次のタスクを実行します。

    1. ホストを選択してリソースのリストをフィルタリングします。

      最近リソースを追加した場合は、リソースリストを更新しないと、使用可能なリソースのリストにリソースが表示されません。

    2. [ 使用可能なリソース ] セクションで、バックアップするファイルシステムをクリックし、右矢印をクリックして [ 追加済み ] セクションに移動します。

      [ 同じストレージボリューム上のすべてのリソースを自動選択 * ] オプションを選択すると、同じボリューム上のすべてのリソースが選択されます。それらを Added セクションに移動すると、そのボリューム上のすべてのリソースが一緒に移動します。

    単一ファイルシステムを追加するには、同じストレージボリューム上のすべてのリソースを自動選択 * オプションを選択解除し、追加したセクションに移動するファイルシステムを選択します。

  6. [Policies] ページで、次のタスクを実行します。

    1. ドロップダウンリストから 1 つ以上のポリシーを選択します。

      既存のポリシーを選択し、 [ * 詳細 * ] をクリックすると、そのポリシーを使用できるかどうかを確認できます。

      既存のポリシーがいずれも要件を満たさない場合は、 * をクリックして新しいポリシーを作成できますプラスアイコン* をクリックして、ポリシーウィザードを起動します。

      選択したポリシーは、 [Configure schedules for selected policies] セクションの [Policy (ポリシー) ] カラムに表示されます。

    2. [ 選択したポリシーのスケジュールを設定 ] セクションで、 * をクリックしますプラスアイコン* スケジュールを設定するポリシーの [ スケジュールの設定 ] 列。

    3. ポリシーが複数のスケジュールタイプ(頻度)に関連付けられている場合は、設定する頻度を選択します。

    4. [Add schedules for policy_name_] ダイアログボックスで、開始日、有効期限、頻度を指定してスケジュールを設定し、 [*Finish] をクリックします。

      設定されたスケジュールは、 [Configure schedules for selected policies] セクションの [Applied Schedules] カラムに表示されます。

    サードパーティ製バックアップスケジュールが SnapCenter バックアップスケジュールと重複している場合、それらのバックアップスケジュールはサポートされません。Windows タスクスケジューラと SQL Server エージェントからスケジュールを変更しないでください。

  7. [ 通知 ] ページで、次の通知情報を指定します。

    フィールド 手順

    E メール設定

    バックアップリソースグループの作成、ポリシーの適用、スケジュールの設定のあとに受信者に E メールを送信するには、「 * Always * 」、「 * On Failure * 」、または「 * on failure or warning * 」を選択します。SMTP サーバ、 E メールのデフォルトの件名、および送信先と送信元の E メールアドレスを入力します。

    移動元

    E メールアドレス

    終了:

    E メールの送信先アドレス

    件名

    E メールのデフォルトの件名

  8. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

    オンデマンドでバックアップを実行できるほか、スケジュールされたバックアップが実行されるまで待つこともできます。