日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

UNIX コマンドを使用して Oracle データベースバックアップをクローニングする

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

クローニングワークフローには、計画、クローニング処理の実行、および処理の監視が含まれます。

  • このタスクについて *

次のコマンドを実行して、 Oracle データベースのクローン仕様ファイルを作成し、クローニング処理を開始する必要があります。

コマンドで使用できるパラメータとその説明については、 Get-Help_command_name _ を実行して取得できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドリファレンスガイド"

  • 手順 *

    1. 指定したバックアップから Oracle データベースのクローン仕様を作成します: New-SmOracleCloneSpecification

      注記 セカンダリデータ保護ポリシーが Unified mirror-vault の場合は、 -IncludeSecondaryDetails のみを指定します。SecondaryStorageType を指定する必要はありません。

      このコマンドは、指定したソースデータベースとそのバックアップに対して、 Oracle データベースのクローン仕様ファイルを自動的に作成します。作成するクローンデータベースに対して自動的に生成される値がこの仕様ファイルに取り込まれるようにするために、クローンデータベースの SID も指定する必要があります。

      注記 クローン仕様ファイルは、 /var/opt/snapcenter /sca/clone_specs__ に作成されます。
    2. クローンリソースグループまたは既存のバックアップからクローン処理を開始する: New-SmClone

      このコマンドによってクローニング処理が開始されます。クローニング処理では、 Oracle クローン仕様ファイルのパスも指定する必要があります。リカバリオプション、クローニング処理が実行されるホスト、プリスクリプト、ポストスクリプト、およびその他の詳細を指定することもできます。

    デフォルトでは、クローンデータベースのアーカイブログデスティネーションファイルには、 $ORACLE_HOME/clone_SID が自動的に入力されます。